読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

<岩国旅行記>散策①.錦帯橋から出発

旅行 日本

 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

昨日の記事で書きましたが、2010年春、私は岩国の錦帯橋とその周辺を散策していました。今回は、2回にわたって、そのときの日記を公開いたします。なお、6年ほど前に撮影した解像度の低い写真のため、画像がピンボケしていますが、そのまま、公開することにしました。ご了承ください。

 

 

(以下、2010.3.5の記録)

 

全国ニュースでは、米軍基地で話題になることの多い山口県岩国市。

実は、旧周防国(現在の山口県東部)唯一の城下町なんです。

 

ちょっと、散策に行ってきました。

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真①

(画像:錦帯橋-写真①、左岸から出発、執筆者撮影)

 

写真①②は名所・錦帯橋岩国城跡は橋の右側の山頂にあります。

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真②

(画像:錦帯橋-写真②、真横から、執筆者撮影)

 

錦帯橋は、毛利氏の臣下で岩国の領主・吉川氏が士族の屋敷町(橋の右岸)と錦川(橋下の川)左岸の城下町を繋ぐため、架けた橋。

 

錦川は川端200メートル。台風で流れが激しくなります。

橋には連続アーチの流されにくい構造が使われました。

錦帯橋の技術は、江戸初期に殿様の病気を治しに来た

明の僧侶・独立(どくりゅう)が中国から伝えたものです。

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真③

(画像:錦帯橋-写真③(右岸に到着後、執筆者撮影)

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真④

(画像:錦帯橋-写真④(右岸から橋に近づいて執筆者撮影)

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真⑤

(画像:錦帯橋-写真⑤(右岸の橋端入口正面、右側に料金所あり)

 

トカゲと鴉のコインロッカー-錦帯橋-写真⑥

(画像:錦帯橋-写真⑥(右岸入口から後退)、執筆者撮影)

 

右手に幟が沢山立ってる場所があります。

 

「何やねん!」と行ってみると、ソフトクリーム屋さん密集地帯。

「むさし」など3軒ぐらい。

 

どのお店も何十種類もの味を揃え、凌ぎを削っていました。

ナニコレ珍百景!」で取材されるほどで、私も爆笑しすぎ。

お店の写真が撮れませんでした…。

 

錦帯橋を渡る際、橋上での飲食は禁止なので、渡る前、ソフトクリームを食べ終わってから観光してくださいね。

 

 

(*散策①終わり、散策②に続く)

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村