読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

抜刷の使い方②(*2016年6月に追記あり)

進学活動の記録

 「抜刷の使い方①」で書いたので、今更ですが、学会や研究会などで人脈を作るための基本的な抜刷の使い方?です。

  

 イベント前に、審査に受かった投稿論文、学会パンフレットや梗概集の発表要約でも、(コピーや)抜刷を学会規模に合わせた部数準備すべし!論文の場合、雑誌掲載が決まれば編集所に頼んで30部から、50部から、会員数の多い学会では100部の単位から印刷所に抜刷を印刷・送付してもらえます。

 

  初対面の人に対して、名刺に載せられない自分の研究や関心ごとを、具体的に知ってもらうのに便利なもの。それが抜刷です。

 

[追記] 上記の梗概集や発表要約は、なかなか、ジャーナルの査読を通らない時、

    やっていました。同期や先輩方は、紀要や研究会の機関誌の抜刷を成果に、

    学会大会やシンポジウムに出席していました。

    当時、院生だった私は、先に掲載経験のある人たちに対し、どうにか、

    追いつけ、追い越そうと行動していたものの、今考えると相当、的外れな

    行動だったようです。

 

    なぜなら、梗概集の発表要約は正式な学術成果としてカウントされるもの

    ではなく、あくまで暫定的な研究状況の報告資料に過ぎないからです。

    

    博士後期課程を修了し、博士号を取得してから知り合いの先生の一言。

   「博士課程以上になったら、名刺でも発表要約の紙でもなく、ジャーナル

    掲載の抜刷を持ってこい!そのほうが、研究活動がよーけわかって、

    えーわ!」

   とのことでした。

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村