読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

「就活のリアル」とは?~『現代思想』2013年3月号~

 
f:id:nakami_midsuki:20160706131251j:plain


この時期、あれこれ忙しかったのですが、これだけは紹介したいと思って、記事にしました。

目次を読むと、「「全身就活」から脱するために」、「就職しないで生きるという選択肢」、「「もう、ブラックでもいい」という隘路から抜け出すために」など、気になるタイトルが並んでいました。

対談者、執筆者たちはジャーナリスト、社会学者、大学で就活する学生をサポートする教員や職員、労働組合のような団体のスタッフなど、どこかの面で「就活生」や採用側の企業と関わってきた人たちです。かつての当事者、現在の就活生の周辺にいる者として、「就活のリアル」に迫っています。


全ての記事を読めてはいませんが、下の論文は「働かないことが苦しい」と自己嫌悪したことのある人には、救いになるものかもしれません。(私は、心が楽になりました。)

 貴戸理恵「「働かないことが苦しい」という「豊かさ」をめぐって」
 
 
 
関連記事
↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村