読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

ヘンテコな「果物の王」ドリアンの取り扱い説明書~塚谷裕一『カラー版 ドリアン―果物の王』~

*2016年7月現在、Youtuberさんが食べるのにチャレンジしたり、身近に出張で
 東南アジアに行くという話が持ち上がったりして、ふとこのファンキーな王様を
 思い出しました。
 
読み始めたきっかけは、2010年代の初め、マレーシアに旅行中、何かにつけてドリアンの話がつきまとっていたので。

塚谷裕一『カラー版 ドリアン―果物の王』(中公新書1870)中央公論新社.2006

f:id:nakami_midsuki:20160701171948j:plain



熟すと、地上20メートル以上の大木から落下し、トゲのついた人頭大の実は、凶器と化す。食べようとすれば、時期を見極めて割らなければ、都市ガス並みの臭いに圧倒されてしまう。収穫でも食卓でも、一苦労。それが「果物の王」たるドリアンの姿である。
 
本書は、ドリアン好きの著者が研究者の視点も織り交ぜつつ、その生態、人間との関係、おいしい食べ方、独特の臭い(著者曰く「芳香」?)の正体など、あらゆる角度からドリアンに迫ったガイドブック。新書というコンパクトさもあって、読みやすい。

臭いの成分、戦前日本における東南アジア産の果物の「記憶」など、読者を飽きさせないテーマと構成をとっている。実用書ながら娯楽として十分、楽しめる内容になっている。

私が笑ってしまったのは、ドリアンがオランウータンと深い共生関係にある逸話である。著者は、ドリアン研究の先達の著述を沢山引用しているが、以下のものが特に興味深い。


  たとえばウォーレスは、捕獲されるのを避けようとした
  オランウータンが、ドリアンの「大きな刺だらけの実を
  もぎとったりして、この飛び道具を雨あられと降り注いで
  私達を木に一歩も近づけさせ」まいとした行動も記録して
  いる。


そして、臭さに関して、著者のいる大学の理学系学部の研究室でドリアンを切っていたら、隣の研究室の人が都市ガスが漏れたと勘違いして、ガス屋さんを呼ぶレベルだったそう。

どこをとっても、ヘンテコで不思議な「果物の王」。気になったら、本書を手にとって見てください。
↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村