読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【告知】派生記事追加:togetterまとめ「若手研究者の日本のアカポス採用の現状に関する問題」

昨日、追っていた案件について、纏めましたので、お知らせ致します。タイトルどおり、アカポス採用の内定取り消しについて、若手の事情についての自分のツイートです。

 

もとは、27~28日、この春からある大学の常勤職に着任する予定の方が、内定取り消しに遭ってしまい、法的な手段に出るため、相談した先の別大学の先生がされたアンケートのツイートが、問題提起となりました。

内定通知書の有無、あるいは着任予定先だった大学の送付メールや研究室の鍵の受け渡しなどは、実質、雇用の意図がある証拠になるのか?日本の大学のシステムや慣習上、それらはどうなっているのか?尋ねられたところ、Twitter上で数百件単位で、反応がありました。その一連のまとめが、こちらです。私の呟きも入ってます↓

 

f:id:nakami_midsuki:20170328212617j:plain

 

冒頭の若手のアカポス採用のほうは、上の膨大なまとめに補足する形で、実際に研究室の先輩が遭った内定取り消しの実例を通じて、若手は泣き寝入りするしかなかった実情を書きました。合わせて、ご覧ください。

 

また、これらの流れを受けて、日本の大学の内定通知書等の事情を、より細かく地方単位で、Next49さんが調べておられるそうです。こうした情報収集は、文科省の取り組みまで行っていないので、ご協力して頂けたら、私も助かります。

 

詳しい分析は、後日、解説を入れて記事を立てます。ひとまず、今回はお知らせでした。 

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村