仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【2018.Mar. 台湾ZINE展】#ZINEDAYTAIWAN vol.2 ”委託”出展的通知(委託出展の告知) 

(*記事作成:’17.12.18頃、本記事は2018.3.4まで上から2番目に表示されます)

 

<在臺灣ZINE展我打算”委託”参加

(台湾のZINE展示に委託参加予定です)>

0.はじめに

だいぶ早いですが、来年3月頭に台湾で開催されるZINEDAY TAIWAN vol.2

の準備が一区切りつきましたので、忘れないうちに、イベントや委託物の内容について、お知らせ致します。

 

今回は、会場が台北ということもあり、以下の案内には、繁体字中国語、英語が混じってきます。使われる言語が統一されていなくて、読みにくいとは思いますが、どうか、ご了承下さい。基本的には、繁体字中文か英語の後に、日本語訳を()内に示しています。

 

 

1.關於挙行年月日的,及會場(開催日時と会場について)

ZINEDAY TAIWAN vol.2

 

 ●2018年3月3~4日…星期六、星期天(土・日)

 ●下午1~8時點(13~20時)

 ●會場:RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI(RETRO印刷台湾店2F)

 

這里我寫了,在日本大阪RETRO PRINT 公司的台灣台北店這個ZINE展挙行。

ここの記事で書きましたが、日本の大阪レトロ印刷さんの台湾台北店で、このZINE展は開催されます。)

 

我打算”委託”参加 ZINEDAY TAIWAN vol.2。關於去會場”RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI” 的方法,請你看”RETRO印刷JAM Taiwan”,在這里有地圖。

(私はZINEDAY TAIWAN vol.2に委託参加をする予定です。会場のRETRO印刷台湾台北店へ行く方法については、RETRO印刷JAM Taiwanを見て下さい,地図がここにあります。)

 

別外,我認爲ZINE是好像日本一種同人誌的東西,我有同人誌比洒脱的印象。(なお、ZINEは日本の一種の同人誌のようなものだと、私は考え、同人誌よりもオシャレなイメージを持っています。)

 

 

2. ”委託”出展,賣的東西(委託出展で売るもの)

 這張是我 ”委託”賣的東西。(これが私の委託して売るものです)↓

f:id:nakami_midsuki:20171218184130p:plain

 

 

書本大小是B5,篇幅是34,価格是NT$200。 ”委託”賣5本書。

(本のサイズはB5、ページ数は34、値段は200台湾ドル、です。委託で5冊売ります。)

這個次,ZINEDAY TAIWAN vol.2 的 staff 代替我來賣ZINE。

(今回、ZINEDAY TAIWAN vol.2のスタッフさんが私の代わりに、ZINEを売ります。)

 

關於我 ”委託”賣東西的詳細説明(委託で売るものについての詳細な説明)↓

 《Nakami博士對人文和社會學領域的研究新聞感興趣的雑誌》2017年11月、秋天之卷(『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017.11.秋号)
這本書是由Nakami博士(她獲得文科和科學兩個領域的博士學位),關於人文科學和社會學領域的新聞領域,自由撰寫的專欄雜誌。這本書带的“博士柴犬的名片標簽”是饒头的!(這是Post Dr.Shiba dog的意思)
                  
★這個秋天卷的特點:日本現在"忍者學”及其環境    
★本卷的内容:
●“忍者風格”的虚構故事作品與“人文科學”~“烤蜥蜴”的複合毒藥...甲賀(忍者)的“秘密”忍術書發現“(ITmedia新聞/産經新聞)~
●忍者文化推進的”郷土”振興運動和大學+關於在中國和韓國接近忍者的職位~“三重大學開設忍者研究中心 在新年度 伊賀衛星校園/三重縣”(朝日新聞網)等~
●忍者風格的工作參與的工作人要求“三重大學的大学研究院,從明年二月,對高考考試科目加忍者・忍術學“,(中日新聞網)

 

*出典:把ZINE貼的繁体字解説詞卡

 

(『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017.11.秋号

 

この本は、なかみ博士(この人は文理総合系の博士号を取得)が、人文・社会学分野のニュース方面を自由に選んで書いたコラム雑誌です。この本には、「博柴の名刺ステッカー」が付録に付きます。(これは、ポスドク犬の意味です)

 

★この秋号の特集:今の日本の「忍者学」とその環境

★本書の内容:(*日本語訳では、省略します)

 

*出典:ZINに貼った繁体字のキャプションカード)

 

参加小組的名字是”仲見研”,叫”Nakami-Ken”,是”Nakami Laboratory"的意思。

(参加サークル名は「仲見研」で、「なかみけん」と言い、「仲見研究室」という意味です。)

 

 

3.結語(むすび)

會場”RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI”在台灣台北市。如果在明年3月3、4日你

台北市有時間的話,請你在會場看看各種各様的ZINE。

(会場のレトロ印刷台湾台北店は、台湾台北市にあります。もし、来年3月3・4日に台北市に行って時間がありましたら、会場で様々なZINEを少し見てみてください。)

 

=======================================

繁体字の打ちにくいPCで、ずっと、中文を打ち込んでいました。つ、疲れた…。

 

委託物を預かって頂くギャラリー「あしたの箱」の方には、委託前より大変なお世話をおかけしておりますが、どうか、宜しくお願い致します。

 

それから、日本人でZINEDAY TAIWAN vol.2に行ってみようかな?という読者の方には、ZINE DAY OSAKA - ZINEDAY TAIWAN... | Facebookにある会場への行き方を引用させて、ご案内に替えさせてください:

RETRO印刷台湾店への行き方
● 桃園空港からバス
台北行き1819 路線に乗り、「台北駅東三門」で下車。下車した台北駅横から徒歩15 分程度。
● 東三門から地上で行く場合
台北駅横の承徳路一段から市民大道で西へ歩き、延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を右に曲がり、50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。
● 東三門から地下を通る場合
台北駅地下は台北地下街、中山地下街などにつながっている。台北地下街出口Y21 を上がり、延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を右に曲がり50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。
松山空港から地下鉄
台北市地下鉄MRT(台北捷運)路線図で黄土色線の「松山機場」から「動物園行」に乗り、「南京復興」で緑色線「新店行」に乗り換え、「北門」で下車。延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を左に曲がり50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。

 

(ZINE DAY OSAKA - ZINEDAY TAIWAN... | Facebook)

 それから、「★道に迷った場合や何かありましたら、RETRO 印刷JAM のfacebook にメッセージを!日本語で大丈夫です★」とのことです。

 

長くなりましたが、以上、委託出展のお知らせでした。おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

ブロトピ:ブログ更新情報

ブロトピ:今日の芸術・人文情報

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村