仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系のなかみ博士が研究業界の問題などを幅広く考えるブログ

院生時代の思い出~身近な人たちとお酒の話~

5月になりました。前から「ブログを濃い色みを使ったデザインのものにして欲しい。読みやすくしてほしい」というご要望を複数、頂いていましたので、思い切って、デザインのテンプレートを変えてみました。青色が基調のデザインで、以前のものよりは、全体的にくっきりした色使いになっていると思います:

f:id:nakami_midsuki:20180501191344p:plain

 

 

さて、今回は突然ですが、院生時代のお酒に関する思い出をお話させて頂きます。

 

つい先週、日本では酒に弱い人が増えるたのは進化である、ということが遺伝情報から判明した、というニュースを耳にしました。理化学研究所などが分析し、分かったようで、「24日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表」したとのことでした:

www.asahi.com

 

どちらかといえば、私はお酒に強いほうではありません。ネット上の反応に、若年世代にお酒に弱い人がより多いのでは?という意見を見かけました。同期や年下の世代には、言われてみると、お酒は好きでも、たくさん飲めない人は少なくはありませんでした。

 

一方、院生時代には、5歳くらしか違わないのに、ウワバミ級の強さで、お酒大好きなラボメンバー、および近所のラボの人たちが集まっていたように思います。そして、彼らが集まると、どこの地酒がうまいか、という議論が始まりました。ある学会大会後の懇親会では、日本酒や焼酎を連続で飲んでいる人もいましたが、節度は守って飲んでいらっしゃいました。稀に、本人たち曰く、ひどい酔い方をしたとはいっても、翌日にはシャキッとして、発表をしている人たちばかりでした。

 

彼らにくらべれば、とても酒に弱い私はそのことを言っておりました。強制をされることはなく、飲み会では、ノンアルコールカクテルやソフトドリンクのメニューを回して下さることが多かったです。彼らと同じペースでお酒を飲み、楽しめなかったことは、さびしかったように思います。

(ちなみに私は、酔って迷惑行為や犯罪行為はしてはならず、節度をもってお酒は楽しむものだという、考えを持っています)

 

 

ある休日、ゼミスペースのホワイトボードに、お酒好きの人たち集まって、やんやと言いながら、表を書いていました。「何やろか?」と席を立って近寄ってみると、国内メーカーのビールを列挙して、値段が適性か、のど越しはどんな感じだとか、入手しやすさとか、品評するような項目が見えます。どうやら皆さん、しらふで、よいビールはどれか、という話し合いをしていたようでした。

 

「皆さん、どれだけお酒好きなんですか!というか、しらふの時に、酒の席で飲んでいたビールのこと、何で覚えてて議論できるくらい、記憶力いいんですか!」とツッコミを入れざるを得ませんでした。表に挙がっていた銘柄を見ると、どうやら地ビールも入っていたようでした。驚きを通り越して、私は笑ってしまいました。

 

 

ビールの品評表は、翌日には消されていて、結局、どのビールが一位だったのか、私は忘れてしまいました。お酒好きの方々は、今は国内外の研究機関で皆さま、ご活躍されています。その人たちは職場の方々とも、お酒の話で盛り上がってるのかもしれません。

 

おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

 ブロトピ:ブログ更新しました  

 

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村