仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【2017.7.18_1810にいろいろ追記】キャンパス内の託児施設の事情

<本記事の内容>

1.学内の託児施設の事情

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

上の記事に追記してる途中、大学内の託児施設事情に関して、少し、ネットで調べてみました。結果、大学の敷地内にある託児施設の歴史や制度をまとめたページを発見↓

allabout.co.jp

 

このページ記事によれば、

 

大学内保育所の歴史はとても古く、1950年代~70年代までさかのぼるところも少なくありません。

 

とのこと。設置・設立のきっかけは、

 

もともと、主に大学の女性研究者や教員がお互いに協力しあって施設を探し、保育者を雇用し、自主保育、共同保育の形で運営を始めたもの

 

です。国立大学では、北海道大学東京大学京都大学名古屋大学などに多く、この形で設置されていたようです。認可保育所、保育室等、その形態は様々であり、保育料も、認可か認可外かで大きな差がある、と書かれています。

 

なお、入園の選考は学内の保育所の場合、大学の教職員、院生というように、学内での「身分」によって優先順位があるそうです。私の知人女性が研究生*1だった時に調べたら、そもそも、所属大学では利用対象外だったそう。社会人のご主人と相談して「保活」を行い、居住市町村で保育所を探して申し込み、何とか通学圏内のところに「当選」したとお聞きしました。

 

最後に、このページ記事から学生ママさん(と場合によってはそのパパさん)へのメッセージを引用して、文章を締めたいと思います。

 

入園に苦労して、悩む学生ママもいるかもしれませんね。でも、学生だから赤ちゃんを産んじゃいけないなんていうことはないんです。その選択は間違っていません。とにかくまずは大学に相談してみましょう。何かのアドバイスがもらえるかもしれません。

 

f:id:nakami_midsuki:20170718184637j:plain

 

 

2.(2017.7.18_1810追記)補足

 2-1.「いまどきキャンパス内託児事情」(All About)

消滅してしまわないうちに、こちらに転載しておきます。

 

保育園・保育所/保育園関連情報
いまどきキャンパス内託児事情
「子どもがいても大学で学びたい!」そんな夢をかなえてくれるのが、大学の敷地内にある保育所、託児所。その特徴は? また、学生が子どもを保育所に預ける場合に、注意したいこととは? 探ってみました。

 

子育てガイド 猪熊 弘子

 

「子どもがいても大学で学びたい!」――そんな夢をかなえてくれるのが、大学の敷地内にある保育所、託児所です。どのような特徴があるのでしょうか?また、学生が子どもを保育所に預ける場合に、注意したいこととは? 探ってみました。

 

国立大学の保育所には古い歴史が

ほとんどの大学で「社会人入試」が実施されるようになった現代、子育てをしながら学ぶ人も珍しくありません。特に、大学の敷地内に保育所や託児所があれば、「子どもがいるから」という理由でやりたい勉強をあきらめる必要がなくなります。

 

実は、大学内保育所の歴史はとても古く、1950年代~70年代までさかのぼるところも少なくありません。もともと、主に大学の女性研究者や教員がお互いに協力しあって施設を探し、保育者を雇用し、自主保育、共同保育の形で運営を始めたもので、北海道大学東京大学京都大学名古屋大学などの国立大学に多くこの形で設置されていました。

 

京都大学内の保育所のように、現在も「大学内保育所」の形で認可を受けて存続しているところも少なくありませんが、東京大学本郷キャンパス保育所のように認可保育所になったり、同じく東京大学駒場キャンパス保育所のように自治体独自の補助が出る保育所(東大駒場の場合は東京認証保育所)などに、運営形態を変えてきているところもあります。大学内保育所といっても、地域の人に開放され、その地域のほかの認可保育所、保育室などと同様に利用できるようになっているところも増えてきているのです。

 

私立大の保育所をリードする女子大

私立大学では、保育所の設置は比較的遅れていましたが、先駆的にスタートしていたのは女子大。中でも日本女子大は1970年から教職員のための「さくらナースリー」という保育施設を開設してきました。日本女子大ではNPOとの提携で病児保育サービスを実施したり、生涯学習背総合センターにも託児室を用意しており、学部生や院生、教職員のみならず、生涯学習で学ぶ人にも利用されています。

 

津田塾大学でも20年以上前に「さくらん保育所」が開設。こちらでは、昨年から、学部生、院生、教職員の学業・職場復帰のための「予約入所制度」が始まりました。かつては学業や仕事に支障のないようにと、「夏休み、冬休み、春休みの長期休暇を狙って産む!」と豪語する女性研究者もいたものです。でも、入所予約ができるようになれば、そういった努力も必要なく、安心して妊娠・出産ができますよね。

 

「学生」の優先順位に気をつけて

さて、大学内の保育所であっても「認可」されていれば、基本的には地域の人たちと同様に入園選考されます。気をつけたいのは、「学生」は、入園のための優先順位が低いこと。待機児童が多い時代、どうしても優先順位の高い人から入園が決まってしまいます。すでに就労している人の次の順位になってしまう「学生」では、認可保育所に入れない場合も出てきます。その点、学内の保育所であれば、学生や院生、大学職員が優先になりますから、そういった心配は少なくなります。ただし、「認可外」扱いになるため、保育料は認可よりも高くなります。本当に悩ましいところです。

 

入園に苦労して、悩む学生ママもいるかもしれませんね。でも、学生だから赤ちゃんを産んじゃいけないなんていうことはないんです。その選択は間違っていません。とにかくまずは大学に相談してみましょう。何かのアドバイスがもらえるかもしれません。

 

更新日:2010年06月30日

いまどきキャンパス内託児事情 [保育園・保育所] All About

 

 2-2.続・学内の託児所や保育所とその周辺(介護等)の話

2017年7月半ばの連休、フォロワーさんとお話をしていて、学内の保育所の存在を知るきっかけとなったURLを教えて頂きました:

http://shirai.life.coocan.jp/html/essays.html

ここのページの一番下に「大学内保育所・託児所」の項目がありました。現代の大学保育事情を調査し、まとめられていますので、本記事と合わせてお読み頂けたら、と思いました。

 

なお、これらのページは、静岡大学人文社会科学部社会学科の白井千晶さんが、おそらく個人的に開設・運営をされているサイト「出産と赴任の社会学」のエッセイ・資料のページにあります。

 

女性研究者にとって、子育てとセットで対処しないといけない存在として、話題にのぼるのが介護です。

私が博士院生の頃、「非正規の契約雇用職員として働いていた」とある学内の研究所には、たしかTA・RAを雇いたい場合の予算は、確か、育児や介護で教職員が忙しい場合、研究方面に人を雇える資金支援制度があったと思いました。それも、申請書を書いて、そこの研究所が予算とれたら抽選に当たる確率で、使える制度です。けれども、「ないよりはあったほうがマシだ」とお勤めの先生が仰っておられました。

 

フォロワーさん、そしてTwitter上の方がいろんな方々が仰っておられましたが、出産・子育て、そして介護にかかる教職員の負担を、どうやってカバーしていくのか。そういったことが、これからの日本では研究業界においても必要な視点だと思いました。

 

<関連目次>

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

*1:大学院等の正規の学生ではないものの、それに準じる身分。研究生として大学に在籍すると、図書館の利用ができたり、単位履修はできないものの授業を聴講できたり、研究に必要な最低限の

制度やサービスを利用することができるようになる。大学によってその名称はさまざま(研修生など)。つまり、「見習い院生」。

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村