仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系のなかみ博士が研究業界の問題を幅広く考えるブログ。

【近況報告】博柴(はくしば)プロジェクト進行中と年明けの文学フリマ京都の話

こちらのエントリ記事で、デビューした、職位が博柴(はくしば)の仲見ケン君です:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

ケン君を我が研究室の看板犬として起用する「博柴プロジェクト」。現在進行形で、着々とグッズ化を果たしております。例えば、年明け1月21日の第二回文学フリマ京都ノベルティに登場する予定です。制作途中のイラストの一部を、ちらっと切り取って、今回はお見せ致しますね↓

 

f:id:nakami_midsuki:20171211203436p:plain

初お披露目の時は、スタンダード・カラーのブルーなアカデミックドレスでした。ですが、季節によって学位帽やアカデミック・ガウンの色が変わったり、企画によって服装が変化したり、これから、様々な衣裳に変化していくでしょう。

(公式キャラクターに関する設定として、犬好きな里親の仲見満月が、飼った初代柴系雑種犬イワンコ(仮名)に果たせなかったものとして、色んな服を二代目柴系飼い犬のケン君に施そうとしている。という思惑があります…)

 

ところで、年明けの文学フリマ京都の科学ニュースの新刊・冬号について、少しだけ、お知らせです。特集は「ノーベル賞と科学者たち」(仮)です。ちょうど、12月10日あたりから、授賞式が始まり、受賞者の動向をニュースで、ノベルティのイラストを描きながら、聞きました。冬号の内容は、

  • 受賞者の賞金は、いくらなのか?増えたり、減ったりはあるのか?
  • 受賞者にはその後、若手育成や継続的な資金調達のため、財団や基金を設立している人がいるけど、その運営はうまくいっているのか?
  • 今回、話題となったノーベル医学・生理学賞をしそうな、準研究者の紹介

といった、ノーベル賞に関する、ざっくばらんな話題をチョイスしました。

 

加えて、秋号に続き、動物に関するニュースや、寒い季節に買って飲みたいホットドリンクにまつわる科学のお話を加えています。いろいろ、ぎゅっと詰め込んで、本文56ぺージほどの予定です。B5サイズ継続で、今回は詰め込み過ぎて、イベントの頒布予価700円でお高めとなりました。ということで、新刊の冬号をお買い頂いた方には、上記画像の全体を使った、博柴(はくしば)・ケン君のノベルティグッズをご用意しております。

 

また、既刊の科学ニュース、人文・社会系ニュースの秋号につきましては、

の2つのネット通販ページで扱っているものについて、第二回文学フリマ京都で引き続き、頒布いたします。

 

文学フリマ京都のWEBカタログ編集ができるまで、もうちょっと、時間がかかりそうです。また、そちらが編集できるようになり次第、順次、弊ブログでもお品書き等、公開していこうと準備中です。しばらく、お待ち下さい。

 

おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村