仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系のなかみ博士が研究業界の問題などを幅広く考えるブログ

【'18.6.16_1515更新】Twitter説話「研究室の犬」by 仲見満月

先週8日、ツイートした一連のフィクション話をまとめておきます。

 

 研究職につくため、何に気をつけて、就職のために、どこまで業績を作ればよいとか、研究会の手伝いをすればよいとか…。どうアピールすればよいとか、考えすぎて、疲れてしまったよね、パトラッシュ。目の前を駆けて行った人たちは、そういう苦悩を出さない程度には、強かった人たちだったんだね。

 

 パトラッシュ、おいで。続けるって、大切なことなんだよ。ネロ君が絵を描き続けたように。そして、日常があまりにも狭すぎると、「こういうことをしても、いいんだ!心配してくれる人も、いるんだ」って、いうことに気づかないまま、お空へ召されちゃう人もいるんだよ。その意識は人を縛りつけちゃう。

 

 パトラッシュ、おいで。君をてなづけるようとする人がいるように、研究機関や会社や家庭、いろんな場所に、恐怖や圧力で人を支配して、異のままにしようとする人はいるんだ。しかも、無意識でやってしまう人もいるんだよ。そういうのって、支配・被支配どちらにも、結果的によいものは与えないよ。

 

 パトラッシュ、嫌なことには、きちんと嫌だと言わないと。だけど、嫌と言うのにも、判断するための基準や、感情があって、断っていいんだって分かってることが必要なんだよ。あまりに、日常の世界がせますぎると、そういう意思表示をしていいことに、気づけないんだ。

 

 パトラッシュ、大丈夫かい?この白ご飯に、カリカリのフード、それからお味噌汁の残り、いるかい?よく、食べるね。衣食足るって、大切なことなんだ。足りない人は、足りてる人を見て「ずるい」って感じて、足りてる人を引きずり下ろそうとすることがあるよ。嫉妬や憎悪は時に、広範囲を衰退させるよ。

 

— 仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 (@naka3_3dsuki) June 8, 2018

 

 パトラッシュ、パトラッシュ。それから、たとえ今は、結果が見えなくても、10年、20年…50年という単位で見れば、大きな効果が見えることって、たくさんあるんだよ。そのためには、開発や研究に、材料や道具を買う資金や、関わる人が暮らすためのお給料がいるんだよ。時間も、お金もたくさん、必要。

 

 だからね、パトラッシュ。研究だけじゃないけど、いろんなことには、忍耐と継続が重要なんだ。教育もそうだよね。僕らが暮らす場所に、足りないものって、君は何だと思うかな。教えてくれない?

 

 パトラッシュ、いい子だね。夏のはずなのに、どうして僕はこんなに寒いんだろう?この研究室は、冷房も、扇風機もないはずなのにね。君が来てくれたお陰で、体が暖かいよ。この実験報告とスライドができたら、家に帰れそうなんだ。今は、少し眠いんだ。誰か来たら、起こしてくれるかい?頼んだよ。

 

 「くうーん、くうーん」。一頭の犬が大学の研究室で、鳴いていました。院生部屋の机に腰かけたまま、一人の青年がプリンタ側に凭れかかるように、倒れていました。犬が青年を舐める様子に、入ってきた教職員が気づき、救急車で運ばれましたが、青年は意識不明のまま…。

 


==END==

 

— 仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 (@naka3_3dsuki) June 8, 2018

 

f:id:nakami_midsuki:20180616121657j:plain  

 

 

('18.6.16_1515更新)関連するモーメントを追加しました↓twitter.com

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村