仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系のなかみ博士が研究業界の問題などを幅広く考えるブログ

歴史学の用語に関するアンケートのお礼と結果について~あと講談社学術文庫「興亡の世界史」の話~

6月21日から2日間、Twitterで実施いたしました、中国の歴代王朝による公式的な歴史書「二十五史」(数え方は諸説あり)の形式について、アンケート結果が出ました。「紀伝体」、「本紀」とは、東アジア史の歴史学の用語であり、一応、高校の漢文、世界史あたりに出てくる用語です。詳しくは、こちら:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

をお読みください。私は卒論を一応、歴史学の手法で書いた人間だったこともあって、これらの言葉について、一般的な認知度を把握していませんでした。

 

同人誌の今秋新刊の特集に、がちっとした歴史学の問題を扱う記事を入れようと考え、歴史学の用語として、認知度アンケートをとらせて頂きました。ご回答いただいた皆様、大変、助かりました。ありがとうございました。

 

結果は以下のようになっています:

 

認知度として見ると、

  • 「何それ?聞いたことない」:29%
  • 「学校で習った気がする」:13%

の2項目の合計で、「紀伝体」と「本紀」について、「どういうものか、詳しいことは分からないかも」という層の方が42%いると考えました。

 

一方、歴史書に関する何らかの形式を指している、という以上のことを知っている人は、

  • 「歴史書の形式だよね」:50%
  • 「日本の『大鏡』も関係あるよね」:8%(『大鏡』のことは上記リンク参照)

と言う結果で、合計ほぼ60%に達します。

 

学術研究のアカウントであり、東洋学クラスタに入る私ですが、そのフォロワーさん、および周囲の方々がお答え頂いたことを考えると、今回の用語が何かを知っていらっしゃる方がアンケートで6割を占めているのは、不思議ではないと思います。そのあたりを鑑みると、 「どういうものか、詳しいことは分からないかも」という層の4割の方に向けて、何らかの説明は秋の新刊に入れる必要はあるかもしれません。あっさりとした説明になりそうですが、「スキャンダラスな平安朝歴史物語~『大鏡』~ - 仲見満月の研究室」に入れた簡潔なものを、どこかに入れようと考えています。

 

色々と忙しいのに、性懲りもなく、梅雨から、秋の新刊を準備している私ですが、収録予定の記事を読み返して、新しい研究動向を追う必要が出てきています。心のなかで「ひえー」と声を上げながら、図書館の蔵書検索システムにタイトルを入力していたところ、気になっていた本のシリーズが、講談社学術文庫Kindleポイント還元キャンペーンに、入っているのを知りました。

 

その1冊がこちらです:

 

 

講談社創業100周年記念企画として刊行された「興亡の世界史」シリーズは、学部生から修士院生の頃、教育実習の世界史の資料に使ったり、自分が受ける授業の課題レポートに参考文献として挙げたり、大変、お世話になった全集でした。研究者の方々にも定評のある講談社学術文庫シリーズに、2016年から最新の研究を反映した増補版的「あとがき」が付され、刊行されていることを知り、取り上げました。しかも、電子書籍版が出ているあたり、学術書ではあるけれど、けっこう人気があることが窺えます。

 

他の方のはてばブログで知たこととして、6月22日より、AmazonではKindleで「【50%ポイント還元】講談社キャンペーン」を開催していることです。対象の本は、10000冊以上で、「興亡の世界史」シリーズの学術文庫版は出ているものは大抵、対象となっています。期限は6月28日の23時59分(日本時間)。この機会に、いかがでしょうか。

 

リンクに入れたのは、アレクサンドロス大王についての本です。漫画『ヒストリエ』、それから『Fate/Grand Order』をはじめ、様々なメディア作品に登場する人物で、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。時代は約100年ずれますが、秋の新刊で扱う予定の中国の秦の始皇帝のことを調べていて、ふと思い出した人物でした。アレクサンドロス大王を個人として見ると、始皇帝とは異なった意味で、また強烈な性格や言動をしていたんじゃないかと、私は考えています。

 

また、コリン・ファレル主演の映画で『アレキサンダー』が作られています。賛否両論のある作品ですが、上記の講談社学術文庫のタイトルと合わせて読むと、また世界史の授業で習った裏側が見えてきそうです。

 

 おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

 

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村