仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【’17.10.6_1717-冊子価格など追記:お知らせ】’17年の秋と来年の年明けの同人イベントに出展します!

先日、【Top】 - 仲見満月の研究室のほうにまとめていましたが、改めて、本記事で告知致します。

 

<生物学の特集コラム雑誌を出します!>

1.同人イベント出展について

 

<’17年の秋>

COMIC☆PARTY29 in 恋都祭:`17.11.5(日)、奈良女子大学のキャンパス内

 奈良女子大学漫画研究会が主催される、学園祭「恋都祭」内の同人イベントです。

 フォロワーさんが申し込みをなさっていて、私はスペースは居候する形で、売り子としてお手伝いをしながら、自分の本を頒布する形になると思います。スペース配置については、またサークルリストの発表を待って、追ってご報告致します。

 

<’18年の年明け冬>

第二回文学フリマ 京都:`18.1.21(日)、京都勧業会館みやこめっせ

 先日の敬老の日に開かれた、文学フリマの大阪に続き、来年の冬は京都で開催されることになりました。主に、文芸作品を書かれる文字書きの方々が中心の同人イベントです。

 文学フリマのほうは、サークル名「仲見研」(なかみけん)で出展申し込みをし、今のところ、出展できる見込みです。

 

 

2.頒布する同人誌

①の新刊として、note.mu内の『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』で、やってるweb雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース No.1』から、今年度前半の生物学ニュースを寄り抜き4本+αで収録した同人誌版、秋の増刊号を準備しています。

 

表紙と裏表紙は、こんな感じです。頒布予定数は①の秋の新刊は、

本文フルカラー48ページ(カバー含む)、1冊500円で13部の予定です↓13部です

 

 

 

表紙画像は、こちらです↓

f:id:nakami_midsuki:20171002145047j:plain

 

 

本文の一部をpixivで公開しています。ちらっと、試し読みができますが、印刷完成版には挿絵や写真を入れる予定で、雰囲気がぐっと変わるかもしれません↓

 

 

同人誌版のほとんどは、note.mu内の「分室」、それから弊ブログで読めます。「読み出し無料」の記事でも、300円をお支払い頂くと、続きを読むことができます。が、今回、自分で紙媒体を久しぶりに出すに至りまして、色んな経緯や思い出がありました。同人誌版の「まえがき」と「あとがき」に、「分室」にも本ブログにも書きにくい、そのあたりの事情を長々と書いております。その事情が気になる方は、会場まで直接、来て頂いてご購入して頂けたら、読むことができるので、ぜひ、お越しくださいませ。

 

 

 3.無料配布や年明けの新刊について

なお、①のイベントでは、新刊が生物学の本ということで、アニマルイラストのポストカードの無料配布を考えています。何の動物かは、当日のお楽しみ!

 

それから、年明け②の文フリの新刊については、余裕があれば、『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018.冬の増刊号を出そうかな、と。特集についても、考え中です。

 

まずは、約一か月後、①のイベント会場で、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

 

4.余談:将来、イベントで情報・評論系の同人誌本を出したい方へ

私の場合、あちこちで書いていますが、院生時代から創作系ジャンルのサークルに入って、同人活動していたことがあり、ある程度、仲間に聞いたり、印刷所サイトをネットで検索したりして、本を作り始めました。

 

今回は久しぶりに本を出す、しかもジャンルが創作系の漫画ではなく、コミティアコミケでは「情報・評論」ジャンルに入るものだと思われます。文フリやコミティアで買った情報・評論系のサークルさんの作品を拝読してみて、基本的には、漫画や小説の同人誌と制作プロセスは変わらないようだということが分かりました。

 

そうは言っても、字書きのほうの同人誌を出すのは初めてであり、久しぶりにイベント出展をするにあたり、次の本を買って準備しております↓

 

小説同人誌をつくろう!

:文芸書でなくとも、文章の多い同人誌を作る人にとっては、字組みレイアウトの考え方、表紙の重要性やおすすめの印刷所、文字書き屋に合ったジャンルのイベント、出展当日までの宣伝の仕方、イベント会に持ち込んで一般参加者を惹きつける方法、書店委託まで丁寧に順を追って解説されています。

 

目指せ☆壁サー! 素人でもわかる!同人サークルのはじめかた (メディアファクトリーのコミックエッセイ ピクシブエッセイ)

: フォロワーさんの何人かにすすめられました。

3人の女性が人気同人サークルが配置されることの多い、壁際のサークル、通称「壁サー」を目指して、同人誌を準備。イベント当日、その後の流れを紹介しながら、同人サークルの始め方を初心者向けに解説したコミックです。主に、二次創作の同人誌を出したい人向けのストーリーになっております。が、漫画原稿用紙の使い方やSNSを使った宣伝術の描き方は、評論・情報系の私にも非常に参考になると思いました。

この記事を書いてる時点で、「同人活動のスケジュール」のところで、本のサンプルや画像はイベントの1~2習慣前となっていて、自分は早すぎたな~と反省しました。2冊目を出すことになったら、気を付けたいと思います。

 

とりあえず、この2冊を読みながら、無理をしない程度に、準備したいと考えました。

 

おしまい。

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村