仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【Top】

f:id:nakami_midsuki:20180130200317j:plain

某県某市内 某定食レストランのオムライスセット (2018.1.執筆者撮影)

  

  • 【メインテーマ】
  • 【2017年11月以降 同人活動と同人誌関連まとめ】
  • ◆ブログ挨拶と管理・執筆者について
  • ◆資料庫(書庫)と分室
  • 【お仕事のご依頼に関して】
    • 【お願い】
  • ◆1~2月の特集
  • 【2017年2月以降の活動】
  •  ◆メールフォーム

【メインテーマ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

【2017年11月以降 同人活動と同人誌関連まとめ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

'18.2.11(日)更新 【名古屋と札幌のイベント&新刊について】

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

  

2月の新刊情報:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

'18.1.23(月)更新第二回文学フリマ京都のレポート】

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

 

【’18.1.29_3点追加:同人誌の通販ページはこちら】

naka3-ken.booth.pm

追加した3つの商品について:

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

 

 

◆ブログ挨拶と管理・執筆者について

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

 上記と合わせて、お読み下さい。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

*弊ブログの記事では、登場する方々について、個人の特定を防止する観点から、非常にぼかした表現をしたり、事実と一部異なる表現をしたりしているところがあります。どうか、ご理解頂けたらと思います。 

 

◆資料庫(書庫)と分室

gray-naka3-3dsuki.hatenablog.jp

 

仲見満月(なかみ・みづき)の分室

note.mu

 

【お仕事のご依頼に関して】

原稿の執筆、メディアへの出演等のご依頼につきましては、

 ・PCの方は、本ブログ右サイドバーのメニューの「POST」のメールフォーム、

 ・モバイルの方は、この記事を開いて一番下にある「郵便箱」のメールフォーム

 をそれぞれ、ご利用ください。

また、執筆の場合は、ご希望ありましたら、お見積もりを出します。お気軽に、申し付け下さいませ。

 

メール中心ですが、受け付けています:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

【お願い】

このブログが、読者の方に少しでもお役に立てたら、幸いです。もし、気が向いたら、管理人にリストのものを恵んでやってください。管理人が日々を生き、ブログを書く糧となります↓ 【https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/C9OBMEWLFB5I/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_.ci7xbC0VYZXH

 

◆1~2月の特集


naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

続きを読む

【’18年3月 台湾ZINE展】#ZINEDAY TAIWAN vol.2 ”委託”出展的通知(委託出展の告知) 

(*記事作成:’17.12.18頃、本記事は2018.3.4まで上から2番目に表示されます)

 

<在臺灣ZINE展我打算”委託”参加

(台湾のZINE展示に委託参加予定です)>

0.はじめに

だいぶ早いですが、来年3月頭に台湾で開催されるZINEDAY TAIWAN vol.2

の準備が一区切りつきましたので、忘れないうちに、イベントや委託物の内容について、お知らせ致します。

 

今回は、会場が台北ということもあり、以下の案内には、繁体字中国語、英語が混じってきます。使われる言語が統一されていなくて、読みにくいとは思いますが、どうか、ご了承下さい。基本的には、繁体字中文か英語の後に、日本語訳を()内に示しています。

 

 

1.關於挙行年月日的,及會場(開催日時と会場について)

ZINEDAY TAIWAN vol.2

 

 ●2018年3月3~4日…星期六、星期天(土・日)

 ●下午1~8時點(13~20時)

 ●會場:RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI(RETRO印刷台湾店2F)

 

這里我寫了,在日本大阪RETRO PRINT 公司的台灣台北店這個ZINE展挙行。

ここの記事で書きましたが、日本の大阪レトロ印刷さんの台湾台北店で、このZINE展は開催されます。)

 

我打算”委託”参加 ZINEDAY TAIWAN vol.2。關於去會場”RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI” 的方法,請你看”RETRO印刷JAM Taiwan”,在這里有地圖。

(私はZINEDAY TAIWAN vol.2に委託参加をする予定です。会場のRETRO印刷台湾台北店へ行く方法については、RETRO印刷JAM Taiwanを見て下さい,地図がここにあります。)

 

別外,我認爲ZINE是好像日本一種同人誌的東西,我有同人誌比洒脱的印象。(なお、ZINEは日本の一種の同人誌のようなものだと、私は考え、同人誌よりもオシャレなイメージを持っています。)

 

 

2. ”委託”出展,賣的東西(委託出展で売るもの)

 這張是我 ”委託”賣的東西。(これが私の委託して売るものです)↓

f:id:nakami_midsuki:20171218184130p:plain

 

 

書本大小是B5,篇幅是34,価格是NT$200。 ”委託”賣5本書。

(本のサイズはB5、ページ数は34、値段は200台湾ドル、です。委託で5冊売ります。)

這個次,ZINEDAY TAIWAN vol.2 的 staff 代替我來賣ZINE。

(今回、ZINEDAY TAIWAN vol.2のスタッフさんが私の代わりに、ZINEを売ります。)

 

關於我 ”委託”賣東西的詳細説明(委託で売るものについての詳細な説明)↓

 《Nakami博士對人文和社會學領域的研究新聞感興趣的雑誌》2017年11月、秋天之卷(『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017.11.秋号)
這本書是由Nakami博士(她獲得文科和科學兩個領域的博士學位),關於人文科學和社會學領域的新聞領域,自由撰寫的專欄雜誌。這本書带的“博士柴犬的名片標簽”是饒头的!(這是Post Dr.Shiba dog的意思)
                  
★這個秋天卷的特點:日本現在"忍者學”及其環境    
★本卷的内容:
●“忍者風格”的虚構故事作品與“人文科學”~“烤蜥蜴”的複合毒藥...甲賀(忍者)的“秘密”忍術書發現“(ITmedia新聞/産經新聞)~
●忍者文化推進的”郷土”振興運動和大學+關於在中國和韓國接近忍者的職位~“三重大學開設忍者研究中心 在新年度 伊賀衛星校園/三重縣”(朝日新聞網)等~
●忍者風格的工作參與的工作人要求“三重大學的大学研究院,從明年二月,對高考考試科目加忍者・忍術學“,(中日新聞網)

 

*出典:把ZINE貼的繁体字解説詞卡

 

(『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017.11.秋号

 

この本は、なかみ博士(この人は文理総合系の博士号を取得)が、人文・社会学分野のニュース方面を自由に選んで書いたコラム雑誌です。この本には、「博柴の名刺ステッカー」が付録に付きます。(これは、ポスドク犬の意味です)

 

★この秋号の特集:今の日本の「忍者学」とその環境

★本書の内容:(*日本語訳では、省略します)

 

*出典:ZINに貼った繁体字のキャプションカード)

 

参加小組的名字是”仲見研”,叫”Nakami-Ken”,是”Nakami Laboratory"的意思。

(参加サークル名は「仲見研」で、「なかみけん」と言い、「仲見研究室」という意味です。)

 

 

 3.結語(むすび)

會場”RETRO PRINT TAIWAN IN TAIPEI”在台灣台北市。如果在明年3月3、4日你

台北市有時間的話,請你在會場看看各種各様的ZINE。

(会場のレトロ印刷台湾台北店は、台湾台北市にあります。もし、来年3月3・4日に台北市に行って時間がありましたら、会場で様々なZINEを少し見てみてください。)

 

=======================================

繁体字の打ちにくいPCで、ずっと、中文を打ち込んでいました。つ、疲れた…。

 

委託物を預かって頂くギャラリー「あしたの箱」の方には、委託前より大変なお世話をおかけしておりますが、どうか、宜しくお願い致します。

 

それから、日本人でZINEDAY TAIWAN vol.2に行ってみようかな?という読者の方には、ZINE DAY OSAKA - ZINEDAY TAIWAN... | Facebookにある会場への行き方を引用させて、ご案内に替えさせてください:

RETRO印刷台湾店への行き方
● 桃園空港からバス
台北行き1819 路線に乗り、「台北駅東三門」で下車。下車した台北駅横から徒歩15 分程度。
● 東三門から地上で行く場合
台北駅横の承徳路一段から市民大道で西へ歩き、延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を右に曲がり、50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。
● 東三門から地下を通る場合
台北駅地下は台北地下街、中山地下街などにつながっている。台北地下街出口Y21 を上がり、延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を右に曲がり50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。
松山空港から地下鉄
台北市地下鉄MRT(台北捷運)路線図で黄土色線の「松山機場」から「動物園行」に乗り、「南京復興」で緑色線「新店行」に乗り換え、「北門」で下車。延平北路一段の交差点(彰化商業銀行の角)を左に曲がり50m くらい進む。69 巷の道路を右へ入る。

 

(ZINE DAY OSAKA - ZINEDAY TAIWAN... | Facebook)

 それから、「★道に迷った場合や何かありましたら、RETRO 印刷JAM のfacebook にメッセージを!日本語で大丈夫です★」とのことです。

 

長くなりましたが、以上、委託出展のお知らせでした。おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

ブロトピ:ブログ更新情報

ブロトピ:今日の芸術・人文情報

◇2月の委託参加 in #札幌 ◇ #Elysian34 の情報まとめ

(*記事作成:’18.2.11、本記事は2018.2.25まで上から2番目に表示されます)

<既刊は第2刷になります> 

1.はじめに

更新が予定より、遅れてしまいましたが、再来週2月25日に札幌で開催される、オールジャンル同人誌即売会Elysian34の委託情報をお届け致します。注意点は、既刊の科学ニュース2018年1月の冬の増刊号が、札幌の委託では第2刷になる、ということです。

 

それでは、まず、開催日時や場所、イベントの企画などから、お話しさせて頂きます。

 

 

 2.イベントおよび開催日時や場所について

 2-1.即売会と開催日時について

Elysian34

 ●開催日時:2018.2.25㈰

 ●開催時間:11~15時

 ●会場:札幌市・アスティ45ビル4階・アスティホール

 

エリシアンオフィスが主催となって、開催される年2回開催のオールジャンル同人誌即売会です。スペース数は、直参が150スペース、委託が100セットとなっており、合わせて会場内では、

提案者(発起人)が好きなジャンル(カップリング等)である時期のオールジャンルイベントに一斉参加を呼びかけ・提案するイベント内イベント企画のこと

(https://www.onlyplaza.akaboo.jp/support_menu/public/ca001.html)

を指す「プチオンリー」*1が開催されてきました。

 

本部企画では、表紙絵コンテストやサークルカットコンテストの開催をはじめ、各ブロック(通称「島」)にブロックノートや落書きノートを設置。また、主催者が創作漫画同人誌展示即売会「北海道COMITIA」の開催主体でもあり、北海道COMITIAの見本誌を閲覧できるコーナーも用意されています。ドリンクサービスもあり、参加者たちがお互いの作品を知って、ワイワイと交流できるように様々な企画が催されます。「物販・企画」ページによると、突発的なコーナーが設けられるそうです。

 

下の直参スペースや委託コーナーの配置図と合わせて、気になる方は上のリンク先をご確認下さい(図をクリック・タップすると、拡大表示されます):

f:id:nakami_midsuki:20180211124227p:plain

なお、弊サークルは、中央よりやや左の一番下、ドリンクコーナーの右にある委託コーナーに委託出展しています。配置番号は「Z07」、サークル名は「仲見研(なかみけん)」です。よろしくお願いします!

 

 

 2-2.開催場所と会場

開催場所は、JR札幌駅の南西に位置するアスティ45(札幌市中央区北 4 条西 5 丁目 )ビル4階のアスティホールです。アスティ45は、参加要項&申込書の地図によると、位置関係は以下のとおりです。アスティ45のサイトでは「JR札幌駅南口出口より西の方角に向かって徒歩5分 地下鉄さっぽろ駅より徒歩3分」とのことでした:

f:id:nakami_midsuki:20180211124634p:plain

 

このアスティ45ビル4階にあがると、北海道パスポートセンターの向かいにあるのが、会場のアスティホールです。4階の全体図を参加要項より転載致しますので、ご覧の上、会場にお越しください:

f:id:nakami_midsuki:20180211125047p:plain

実は、JR札幌駅とその周辺は思い出があります。駅の近くには北海道大学があって、まず、学会で行く途中、発表で使うPCの調子が心配で、到着日、ヨドバシカメラに寄って周辺機器を探しました。ほか、発表前日にホグワーツ魔法学校のような雰囲気のキャンパス内をうろつき、たどり着いた北大の図書館でコピーを取りまくったり*2知り合いの発表が終わった後にJR札幌駅経由で同人誌を扱うお店のエリアで夏コミの新刊を物色したり、講座の発表メンバーで駅付近の食事処に入り浸って北の大地の食べ物はうまい!うまい!と、海の幸やジンギスカンの羊肉を口に運んだり…。

 

イベントに行かれる方には、札幌を中心に北海道の地元の方が多いと思いますが、北大構内は雰囲気だけでなく、博物館は建物の雰囲気と相まって、化石や鉱物などの展示のされ方が面白いですので、ご都合(と気象状態)が許せば、行かれてもいいかもしれません。

 

 

3.頒布物のご案内

委託出典のため、私は会場には行きません。スタッフの方に頒布物を手売りして頂きます。今回は、お品書きに書きました、人文・社会系ニュースの2月新刊、先月に出した科学ニュースの冬号の第2刷になります:

f:id:nakami_midsuki:20180211114440p:plain

 

  頒布物その1.新刊『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号(おまけ付き)

f:id:nakami_midsuki:20180201161546p:plain

「中東の近現代史を知る」と題して、現在の国際情勢を知ることを目的に、エジプト、シリアやイラク、そしてトルコなどに何が起こったのか、漫画参考書や少しマニアックな絵本、梨木果歩『村田エフェンディ滞土録』シリーズを紹介しています。内容のレベルとしては、高校世界史A以上に設定。歴史上、起こった出来事が日本や欧米諸国と地続きになっていることも意識して、記事を編集しました。詳細情報のまとめはこちら:

naka3-3dsuki.hatenablog.com



あと、ほとんど他の記事では触れていませんが、巻頭の「古代エジプトの気になるニュース」では、エルミタージュ美術館収蔵の古代エジプトの去勢されたと思わしきミイラの調査をめぐって、ヒッタイト帝国を舞台とした漫画作品、東アジアの刑罰の話を通じて、宦官の話をしています。特集とは直接的には関係しませんが、少し博論で扱った研究とも重なっているので、お読みいただけたら幸いです。

 

おまけについては、「雪だるまと博柴(はくしば)」イラストのハガキが新刊1冊に1枚、ついてきます:

www.pixiv.net

お好きにお使い下さい。

 

 頒布物その2.既刊:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号(第2刷)

秋号に続き、科学ニュースとしては新刊ですが、先月の第二回文学フリマ京都で初売りしたので、同人誌全体として弊サークルでは既刊扱いとしました。詳細情報と試し読みページには、こちらから行けます:

c.bunfree.net

特集は「ノーベル賞と科学者たち」で、ノーベル賞を受賞した科学者たちの資金調達や、若手育成を目指した助成財団の設立・運営のニュースを取り上げています。最近の弊ブログの記事「大学教員の個人研究費50万円未満が60パーセント~「没落する地方国立大の何とも悲惨な台所事情 」(東洋経済オンライン)~ 」と合わせてお読みいただくと、日本の研究業界、特に大学や大学院がヤバい!ということをお伝えできると思いました。

 

なお、Twitterモーメントの【お知らせ】名古屋&札幌のイベント委託参加と2月の新刊では明記していませんでしたが、Elysian34では第2刷となります。誤字・脱字の修正に加えて、第1刷より本文の用紙が軽くなっています。本文はモノクロで約60ページと、ボリューム自体は変わっていません。イベント価格は据え置き700円です。お高めですが、お手に取って頂けたら嬉しいです。

 

 

4.最後に

こんな感じで、Elysian34の委託出展のご案内をさせて頂きました。また3月には、3~4日の第一土・日曜日に、台湾は台北市で次のZINEイベントに委託出展をする予定です:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

日本からの出展ということで、今までの即売会でも人気で、私が内容を中国語に翻訳しやすかった「忍者学」の人文・社会学系ニュースを委託しました。台湾に行かれる方がおられたら、会場のレトロ印刷JAMの台北店に行ってみて下さい。

 

また、委託している先のzinedayosaka (@ZINEDAYOSAKA) さんでは、弊サークルとともに、他の出展者の方の作品もTwitterでご紹介戴いています。ご覧下さい。

 

 

来年度については、直参・委託の参加で創作系・文章系同人誌即売会の申込をしております(大阪と東京)。 先月実施したアンケートでご要望頂いた、「大学教員の同人誌」について、ぼちぼち、準備に取りかかろかと考えております:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

予定している内容は、下記のようなものです: 

Twitterでリクエスト頂いた事項については、ちょこちょこ、アカデミックなイベントでお聞きしたことや、私自身のことを書くつもりです。ひょっとしたら、巻末雑記と企画を入れ替えることになるかもしれません。

 

そのあたり、追々、お知らせ致しますので、またお待ちください。

 

また、カワウソ表紙の科学ニュースのバックナンバーは、通販ページで取り扱いをしております。どうぞ、よろしくお願い致します:

naka3-ken.booth.pm

 

おしまい。

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

 ブロトピ:読書に関するこんな記事

 

 

*1:直参1000スペースを超えることもある、COMIC CITY等の規模の大きなオールジャンルイベントで知られるようになった企画のひとつ。「スペースに共通のポップを飾ったり、配置マップ・記念本の発行なども行われ、オールジャンル即売会でありながら、小さなオンリーイベントの雰囲気を楽しめます」とのこと。参考:https://www.onlyplaza.akaboo.jp/support_menu/public/ca001.htm

*2:漫画『魔法使いの嫁』の著者ヤマザキコレさんによると、北海道の地元民としても、自身の作品舞台のイギリスに雰囲気が似ているところがあるそうです。

大学生活は忍耐が必要なのか?~「「大学って必要?」浪人までした女子大生に我慢の日々」(神戸新聞NEXT/Yahoo!ニュース)~

<憧れと現実の間で>

  • 1.はじめに
  • 2.「「大学って必要?」浪人までした女子大生に我慢の日々」(神戸新聞NEXT/Yahoo!ニュース)を読む
    •  2-1.兵庫県南東部で生活する学生の「イメージと現実」
    •  2-2.大学の授業に対して抱いた「ギャップ」
  • 3.終わりに

1.はじめに

バレンタインを過ぎ、2月も下旬にさしかかろうとしています。世の中は、韓国のピョンチャン・オリンピックで盛り上がっています。私立大学では、学部の一般入試と採点が行われている時期ではないでしょうか。ここ最近、数日間で寒暖差が大きく、インフルエンザ、風邪など、体調面でも受験生の皆さんは、気が抜けないと思います。

 

入試に備えて、最後の追い込みをしている方々がいらっしゃる一方、今週半ば、私が気になったのは、大学入学後の学生を取材した次のオンラインニュースでした:

headlines.yahoo.co.jp

 

読んだところ、入学後に「こんなはずじゃなかった」という落胆に打ちひしがれ、早々に仮面浪人に入っていった同期や、他大学から編入試験を受けて私のいた学部に入って来た人を思い出しました。オンラインニュースで体験を語った学生は、どのような受験を経た後、大学に入学して、何に「落胆」したのでしょうか。

 

今回は、入学に希望を抱いていたものの、入学後のキャンパスライフに失望したような語り口のオンライン記事を通じで、2年次頃までの学部生の忍耐の日々を考えてみようと思います。ある意味、入学後に失望するようなことがあるのは、大学院でも同じようなことが起こった後輩がいたので、本部ブログで取り上げるテーマと致しました。

f:id:nakami_midsuki:20180216202847j:plain

続きを読む

◆'18.2.8_0130追記◆2月の委託参加 in #名古屋 ◆ #オリComiNagoya 8 情報まとめ

(*記事作成:’18.2.4頃、本記事は2018.2.18まで上から4番目に表示されます)

 1.はじめに

本日もこっちの地方は寒いです。とはいえ、今月の創作系同人誌即売会の委託物や開催概要などについて、案内をさせて頂きます。

 

 

<スペース番号確定しました> 

2.開催日時や場所について

オリComi Nagoya8

 ●開催日時:2018.2.18㈰

 ●開催時間:11~15時

 ●会場:ポートメッセなごや

 

スタジオYOUが近年、各地で開催をしている「オリComi」は、創作オンリーのイベントのようです。同人誌即売会と合わせて、応募した人が創作ワークスクールを開くことができるところは、同時開催のオールジャンルの「コミックライブ in 名古屋」や、手芸系ジャンルの「ハンドメイド・クリエ Nagoya8」ほか、各種オンリーイベントとは異なっています。また、他の同時開催イベントと同じように、コスプレ参加もできるとのこと。

 

今回は名古屋開催の回です。初めてですが、東海地方の方々に作っている本を届けられたらと思い、委託参加をさせて頂くことにしました。パンフレットは同時開催イベントと共通のものとあります。なので、「コミックライブ in 名古屋」などに参加される方も、【オリComi Nagoya8】の会場に追加料金なしで入場できます。別イベントのついでに、弊サークルの同人誌を見て頂くことも可能ですね

 

会場のポートメッセなごやは、JR名古屋駅から見て南、名古屋港の更に南のエリアにあるコンベンションセンターのようです。こちらで交通アクセスを確認できます:

名古屋市国際展示場 ポートメッセなごや » ポートメッセへのアクセス

f:id:nakami_midsuki:20180204132528p:plain

地図によると、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線に乗ると、24分かかって一本で最寄り駅の全域ふ頭駅まで、行けるようです。

 

名古屋は学会で一度、行ったきりで、私は交通面のことをよく知りません。ですが、今回の同人誌即売会では、とりあえずJR名古屋駅のほうまで行って、あおなみ線に乗り換えると、会場までは行けるらしい、ということは分かりました。ご興味のある方は、上の交通アクセスのリンク先を参考に、出発場所からの行き方を調べてみて下さい。

 

 

3.参加形態、および頒布物について('18.2.8_0130追記)

今回は委託参加ということで、イベントのスタッフの方に委託物を委ねて託し、会場の委託コーナーで手売りして頂くことになると思います。まだ、参加案内が届いていないので、委託コーナーが会場のどのあたりに設置されるのか等、情報をキャッチしたら、追々、お知らせしたいと考えております。

 

('18.2.8_0130追記)==============================

スタジオYOUのイベントページを探したのですが、会場の地図は見当たりませんでした。代わりに、サークルリストが公開されているオンライン・パンフレットのページリンクを貼らせて頂きます。ちなみに、弊サークルは、な行のサークル一覧のところに出ていました:

2/18 ポートメッセなごや同時開催イベント サークルリスト

=======================================

 

委託する同人誌については、今回は以下の3点になります。

 

f:id:nakami_midsuki:20180203122846p:plain

 

 頒布物その1.新刊『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号(おまけ付き)

f:id:nakami_midsuki:20180201161546p:plain

 

人文・社会系ニュースの第2号に当たります。特集は、「中東の近現代史を知る」です。このブログで書いていきた国際情勢を知るという観点からまとめた、世界史の漫画参考書や絵本、ノンフィクション作品、そして名梨木果歩著『村田エフェンディ滞土録』とその関連作品について、レビューしたり、語ったりした記事を選び、編集して収録しました。一部の記事はツイキャスで喋った内容の記録記事をもとに、情報や私が描いた人物イラストを足しています。特集冒頭には、現在の中東地域の地図を載せ、どの収録記事で、どのあたりが取り上げられているのか、説明を加えました。本ブログ掲載時の記事よりも、歴史上、どんなことが、どこで起こったのか、イメージしやすいのではないでしょうか。

 

高校で世界史を教えていた経験をもとに新刊をまとめましたが、欧米列強と中東の距離感、第一次世界大戦の対立関係が分かりにくい方もいらっしゃるかもしれません。そういった場合は、世界地図と本書で紹介した漫画参考書を手元に置いて、読まれると理解が深まると思います。

 

詳しい目次や内容については、下記のリンク記事、およびその中のnote.muの記事をご覧ください:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

また、おまけとしては、新刊おまけとして、「雪だるまと博柴(はくしば)」イラストのラミネートカードが付きます:

www.pixiv.net

 

サイズは、はがき大です。丈夫なので、厚い論文集にはさんでも折れ曲がって、迷子になる心配は少ないでしょう。栞のほか、裏に100円ショップのマグネットシールを貼って、連絡用ホワイトボードに付けて大判マグネットとしてお使い頂けます。お好きにお使い下さい。

 

 頒布物その2.既刊バックナンバー2種類(科学ニュース2018年1月 冬の増刊号、人文・社会系ニュース2017年11月 秋の増刊号) 

  ①『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号

c.bunfree.net

先月の第二回文学フリマ京都で初売りだった、科学ニュースで特集は「ノーベル賞と科学者たち」です。ノーベル賞を受賞した科学者たちの資金調達や、若手育成を目指した助成財団の設立・運営の話題や、次世代の受賞者として期待できそうな高校生の研究を中心に取り上げました。季節の話題として、保温による品質低下を克服し、コンビニでの熱燗の日本酒販売を支える科学技術のニュースも掲載。本文モノクロで60ページ程度、700円です(第1冊)。

 

  ②『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)

c.bunfree.net

第二回文学フリマ京都に引き続き、頒布いたします。忍者学の研究に力を入れている三重大学が愛知県の隣にあるということで、特に推したい一冊として、委託物に入れました。本文モノクロで34ページ、500円です(第2刷)。

 

 

4.最後に

以上、オリComi Nagoya8に関する情報まとめ、でした。今月には、このイベントの一週間後、JR札幌駅の近くで開催される、

 2018.2.25(日)    Elysian34(札幌市・アスティ45ビル4階・アスティホール)

が、25日に控えています。

 

委託参加の準備をしながら、来年度の直参・委託の参加で創作系・文章系同人誌即売会の申込をしております(大阪と東京)。これらの詳細については、札幌のイベントと合わせて、また告知予定です。しばらく、お待ち下さい。

 

また、カワウソ表紙が目印で人気!の科学ニュースのバックナンバーは、通販ページで取り扱いをしております。どうぞ、よろしくお願い致します:

naka3-ken.booth.pm

 

おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

 ブロトピ:読書に関するこんな記事

 

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村