仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【Top】

f:id:nakami_midsuki:20180803193738p:plain

大阪・OMMビルで9.30開催 関西コミティア53 新刊 (2018.8.公開、8.23リンク&情報を更新)

『なかみ博士の気 になる学術系ニュース』2018年10月 秋号:FGOやキングダム!

 

  • 【’17年11月~:同人活動と同人誌関連まとめ】
  • ◆挨拶と管理・執筆者について
    • 【お願い】
  • 【お仕事のご依頼に関して】
  • 【メインテーマ】
  •  
  •  ◆メールフォーム

【’17年11月~:同人活動と同人誌関連まとめ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

 

New! 2018年9月の新刊情報:

note.mu

【同人誌の通販ページはこちら】

naka3-ken.booth.pm 

 

◆挨拶と管理・執筆者について

naka3-3dsuki.themedia.jp

 

 上記と合わせて、お読み下さい。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

*弊ブログの記事では、登場する方々について、個人の特定を防止する観点から、非常にぼかした表現をしたり、事実と一部異なる表現をしたりしているところがあります。どうか、ご理解頂けたらと思います。

 

【お願い】

このブログが、読者の方に少しでもお役に立てたら、幸いです。もし、気が向いたら、管理人にリストのものを恵んでやってください。管理人が日々を生き、ブログを書く糧となります↓ 【https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/C9OBMEWLFB5I/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_.ci7xbC0VYZXH

 

続きを読む

【告知】#関西コミティア53 のお品書きや 会場案内など~配置は【D-27】の #関西コミティア ~

(*2018.9.12.執筆、本記事はイベントの終わりまで2番目に表示)

今月の9月30日(日)開催予定の関西コミティア53に、弊サークル「仲見研」は直接参加いたします。お品書きと、会場でのスペース位置が分かりやすい案内を作成しました。本記事に情報をまとめておきます。

 

  • 1.持って行く頒布物や通販受付の一時停止のこと
    •  1-1.頒布物とお品書き
    •   1-2.通販受付の一時停止について
  • 2.関西コミティア53の日時と会場案内、【仲見研オフ会】のこと
    •  2-1.関西コミティア53の日時・会場・スペース配置
    •  2-2.撤収後の【仲見研オフ会】
  • 3.最後に 
  • <関連の深い記事>

1.持って行く頒布物や通販受付の一時停止のこと

 1-1.頒布物とお品書き

今回は、新刊1種、バックナンバー(既刊)7種を、D-27の頒布します。概要は下のお品書き2枚にまとめましたので、ご覧ください。

f:id:nakami_midsuki:20180912205629p:plain

続きを読む

第六回 #文フリ大阪 の作品書評~宮田秩早『Et mourir de plaisir #吸血鬼 たちの夜の物語集』を読む~

  • 1.はしがき
  • 2.『Et mourir de plaisir 吸血鬼たちの夜の物語集』を読む
  • 3.最後に
  • <第六回文学フリマ大阪の書評シリーズ>
  • <テーマの近い仲見研の本>

1.はしがき

9月9日に開催された第六回文フリ大阪。そこで買った作品を読んで、批評を書いていこう!というのが、このシリーズ記事です。本日、書評する作品は、サークル「バイロン本社」さんで購入しました、こちらの本↓

 

宮田秩早『Et mourir de plaisir エ・ムリール・デ・プレジール 吸血鬼たちの夜の物語集』バイロン本社、2018年

f:id:nakami_midsuki:20180925135545j:plain

 

キョンシー映画などの作品に関する「ふんわり」した話~それと論考集や吸血鬼の関連作品も少し【'18.9.24、00:27に注釈追記】~ 」に引き続き、ハロウィンを1カ月後に控えているということで、こちらの作品を選んでみました。それでは、行ってみよう!

 

繰り返しますが、ネタバレにご注意ください。

 

 

2.『Et mourir de plaisir 吸血鬼たちの夜の物語集』を読む

18世紀のヨーロッパで、母子で何者からか逃れるように、旅に旅を重ねる第壱話「血族」から、本書は始まります。追っ手によって母親が捕まり、住んでいた館からの出発を経て、最後で「二度目の大戦争」が終わった時点にその子の語りが追いつく過程で、徐々に明らかになっていきます。50年ほどかけて成長した肉体は、30歳を迎える頃に老いをやめ、その身は夜に馴染むようになりました。

続きを読む
↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村