仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【Top】

f:id:nakami_midsuki:20171102163713j:plain

奈良 奈良女子大学 恋都祭 (2011.11.執筆者撮影)

 

  • 【メインテーマ】
  • 【2017年2月以降の活動】
  • 同人活動と同人誌関連まとめ】
  • ◆ブログ挨拶と管理・執筆者について
  • ◆資料庫(書庫)と分室
    • 【お仕事のご依頼に関して】
    • 【お願い】
    • ◆11月の特集 
    •  ◆メールフォーム

【メインテーマ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

【2017年2月以降の活動】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

同人活動と同人誌関連まとめ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

'17.11.7(火)更新!委託参加での同人誌即売会京大NFのComic Community 01】
naka3-3dsuki.hatenablog.com

'17.11.21(火)更新【報告:「同人誌メディアの批評的可能性」in 神戸大学(11.19.日)】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

  

 

◆ブログ挨拶と管理・執筆者について

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

 上記と合わせて、お読み下さい。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

*弊ブログの記事では、登場する方々について、個人の特定を防止する観点から、非常にぼかした表現をしたり、事実と一部異なる表現をしたりしているところがあります。どうか、ご理解頂けたらと思います。 

 

◆資料庫(書庫)と分室

gray-naka3-3dsuki.hatenablog.jp

 

仲見満月(なかみ・みづき)の分室

note.mu

 

【お仕事のご依頼に関して】

原稿の執筆、メディアへの出演等のご依頼につきましては、

 ・PCの方は、本ブログ右サイドバーのメニューの「POST」のメールフォーム、

 ・モバイルの方は、この記事を開いて一番下にある「郵便箱」のメールフォーム

 をそれぞれ、ご利用ください。

また、執筆の場合は、ご希望ありましたら、お見積もりを出します。お気軽に、申し付け下さいませ。

 

【お願い】

このブログが、読者の方に少しでもお役に立てたら、幸いです。もし、気が向いたら、管理人にリストのものを恵んでやってください。管理人が日々を生き、ブログを書く糧となります↓ 【https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/C9OBMEWLFB5I/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_.ci7xbC0VYZXH

 

◆11月の特集 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

続きを読む

【告知 ’17年秋-同人イベント】京大11月祭のComic Community01( #こみこみ 1)委託情報まとめ

(*2017.11.7執筆、本記事はこの同人イベント終わりまで2番目に表示)

 

先週末に更新しましたこちらの記事:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

で告知しましたように、11月末の同人誌即売会に委託参加することについて、情報を再度、まとめておきます。

 

<委託情報まとめ>

1.京大11月祭のComic Community01の開催情報

京都大学11月祭こと、NF内の同人誌即売会Comic Community01

(開催日時:2017年11月23日(木・祝)~26(日)の10:00~18:00(最終日のみ 10:00~17:00、開催場所:京都大学吉田キャンパス吉田南構内の吉田南総合館(西館)共西04教室)において、催しが行われます。

 

時計台のある本部キャンパスの南向かい、吉田南キャンパスの中央部の吉田南総合館(西館)地下にある共西04教室が会場だそうです。

 

 

2.自サークルの委託情報

この「こみこみ1」について、
 ・委託参加:23~26日のNFすべての日
 ・サークル名:仲見研(なかみけん)

で申し込んでいます。即売会公式サイトの「CC01参加サークル紹介」、および当日のパンフレットや案内などで、委託サークルのカットが公開されていたり、されたりするようです:

f:id:nakami_midsuki:20171102170940p:plain

 

委託するのは、先週末のCOMIC☆PARTY29で初売りした新刊2種です。

f:id:nakami_midsuki:20171107183652p:plain

 

委託する同人誌の内容は、

【告知 ’17年の秋の同人イベント出展】COMIC☆PARTY29 in 恋都祭の情報まとめ - 仲見満月の研究室の「2ー2.当日の頒布物について」や、

【目次】仲見満月の同人活動と同人誌の関連記事まとめ - 仲見満月の研究室の「3.仲見研の同人誌」で詳しく紹介しています。そちらをお読み頂けたらと思います。

 

久々の同人誌を出すということで、秋の新刊どちらとも15部より少なく刷りました。その関係で、委託部数が5部と少なめになっております。5日の即売会では、特集の「忍者学」が人気の『人文・社会系ニュース』2017年秋号の売利上げがよかったです。今回、こみこみ1でどうなるか、売れ行きは読めていません。ご購入を検討されている方は、早めに会場へ行かれることを、おすすめ致します。

(委託同人誌に閲覧用見本誌を同封する予定なので、スタッフさんに頼んで、試し読みができるようにお願いするつもりです)

 

委託参加ということで、今回、Comic Community01の会場に、私が直接やって来て、机と椅子の直参スペースに入る形で参加はしません。都合がつかなかった代わりに、京大のNF期間中、全日、Comic Community 01会場の委託コーナーに同人誌を2種類、「委ねて託す」予定で、スタッフさんに売ってもらいます。

直接、私が手売りできない代わり、そして価格が据え置きということで、委託特典をつけることに致しました。一応、絵柄は委託する本の内容や、次の新刊の予告に当たります。『科学ニュース』、『人文・社会系ニュース』の片方を買っただけでも、1冊に2枚とも付いてきます:

f:id:nakami_midsuki:20171107184601p:plain

 

2018年の1月21日の文学フリマの京都では、直参が決定しています。そちらでは私が直接やって来て、配置スペースに入って、秋の新刊+年明け冬の新刊の同人誌を売ります。「年明けまで待てない!」とか、「1月は都合がつかなくて、買いに行けない!」という方は、こみこみ01の委託コーナーに足を運んで頂けたら、と思いました。

 

 

3.最後に

こみこみ1の委託参加についての連絡は、以上です。11月下旬は、バタバタする関係で、会場にはなかなか、行けません。

 

なお、同人誌即売会以外のイベントでも、機会があれば販売させて頂くことがあるかもしれません。お気軽にお声をかけて頂けたら、有り難いです。

 

なお、ネット通販につきましては、一旦、同人誌即売会で完売し、再版するタイミングで始めることを検討中です。通販で扱う媒体は、紙同人誌と電子同人誌のどちらにするか、両方やるのか、色々と調べている途中です。

 

本記事を最後までお読みになった方で、再版のタイミングや通販の媒体(紙、電子)の扱いについて、お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご意見や情報など、ご教示いただけると大変助かります。よろしくお願い致します。

 

おしまい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事 

【本日11月23日開始】Comic Community01( #こみこみ 1)委託参加 in 京大11月祭

いよいよ、始まりました、Comic Community01(こみこみ1) in 京大11月祭

 

昨日、実行委員会の方々が準備されているところに参上して、委託物と見本誌および展示用の道具をお預けし、内容物を確認して頂きました。慌てて、預ける物リストと連絡先つきの同人誌委託票をお渡しして、委託料を支払い、領収書を出して頂きました。

 

下のチラシは、帰り際に頂いたもので、宣伝してもよいとのことでしたので、本記事で使わせて頂きました。

f:id:nakami_midsuki:20171123122538p:plain

イベントの概要はチラシにも書いてありますが、

  • 開催期間:2017年11月23日(木・祝)~26(日)
  • 開場時間:各日の10:00~18:00(最終26日のみ 10:00~17:00
  • 開催場所:京都大学吉田キャンパス吉田南構内の吉田南総合館(西館)共西04教室

となっております。吉田南総合館は分かりにくい構造で、私、少し迷いました。一般参加者の方で迷う人もいると思いますので、チラシの地図を切り貼り、書き込みして掲載させて頂くことにしました:

f:id:nakami_midsuki:20171123125927p:plain

文字が潰れて、読みにくく、申し訳ございませんが、吉田側のグラウンドの南東に「おまつり広場」と書かれた看板のある側の門:

f:id:nakami_midsuki:20171123130925j:plain

があり、この右側(東側)に吉田南総合館の西棟があります。「おまつり広場」側の西棟の階段、もしくはエレベーターでB1に降りると、壁に教室番号が書かれています。そこで、共西04を探してください。ちなみに、少人数ゼミ用の教室とされて設けられたのか、意外と狭いようです。直参の方も、一般参加の方も、通行には十分、お気をつけ下さい。

 

さて今回、私は勤労感謝の日からバタバタするため、今回は作った同人誌をスタッフさんに委託して、自分の代わりに販売して頂く「委託参加」となっています。よって、会場に、私は来ていません。詳細は、次の記事に書いておりますので、ご参照ください↓

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

重要点だけ、再度、告知致しますと、

この「こみこみ1」について、
 ・委託参加:23~26日のNFすべての日(4日間)
 ・サークル名:仲見研(なかみけん)

で申し込んでいます。

 

即売会公式サイトの「CC01参加サークル紹介」がサークルカタログの代わりになっているようです。上記のサークル紹介ページにアクセスして頂き、次の柴犬のサークルカット

f:id:nakami_midsuki:20171102170940p:plain

を探して、次のお品書きにある同人誌2種類(各5部):

f:id:nakami_midsuki:20171107183652p:plain

の見本誌が各イーゼルにのせてあるはずですので、見本誌をお読みいただき、お買い求め下さい。特典については、「2.自サークルの委託情報」をご参照下さい。絵柄が分かります。

 

なお、くれぐれも、ビニールカバーの付いている見本誌は、持って会場を出て行かない、また破損や汚損等をしないで下さいますよう、ご注意とお願いを申し上げます。

(紛失、破損や汚損等をされますと、今後の私のサークル活動に多大な支障が出ます)

 

 

それでは皆さま、本日開始のComic Community01、会場でのマナーにお気をつけて、4日間、お楽しみ下さい。

 

 

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:ブログ更新のお知らせはこちらで!

ブロトピ:今日の学問・教育情報

ブロトピ:ブログ更新しました

ブロトピ:読書に関するこんな記事

 

【'17.11.21_2205更新:イベント報告】「同人誌メディアの批評的可能性」in 神戸大学

<ご報告です>

  •  1.はじめに
  • 2.イベントの流れと内容
    •  2-1.開始前のこと
    •  2-2.登壇者の方々のお話(敬称略)
      •   その0.司会者の梶尾文武あいさつ
      •   その1.佐久間義貴(『ヱクリヲ』編集長):「批評同人誌はオルタナティブたりうるか」
      •   その2.立尾真士「解釈とセキュリティ」(『G-W-G』同人)
      •   その3.綿野恵太「必敗的抒情に抗して」(『子午線』同人)
      •   その4.中村徳仁「水を差す批評、そしてすべての「祭り」は過ぎ去ったという感覚」
    •  2-3.座談会
  • 3.個人的な余談~ 批評「同人誌のホモソーシャル性」の問題について~

 1.はじめに

週明けは、親戚の方の観光案内やら、家の何やらで、更新が遅くなってしまいましたが、19日に神戸大学であった「同人誌メディアの批評的可能性」のイベント報告をさせて頂きたいと思います:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

アイキャッチ画像は、神戸空港のものです。ワークショップ中、写真を取り損ねてしまった。ですが、今回のイベントが「神戸から発信する」という狙いで開催されたと、何名かの方が仰っておられたので、「神戸から羽ばたく」というイメージで、神戸空港アイキャッチ画像を使わせて頂きます。どうか、ご寛恕下さい*1

f:id:nakami_midsuki:20171121135950j:plain

*1:ポートライナーに乗っていたら、途中に神戸大学の建物が見えたのですが、大学のマークを取り損ねました…。

続きを読む

【お知らせ】ワークショップ in 神戸大学 「同人誌メディアの 批評的可能性」参加予定

 (2017.11.10執筆、本記事はこの同人イベント終わりまで2番目に表示)

f:id:nakami_midsuki:20171110140432j:plain

 

<今回の内容>

  • 1.はじめに
  • 2.ワークショップ「同人誌メディアの 批評的可能性」について
  • 2.本の販売について
    •  2-1.批評誌『夜航』の販売
    •  2-2.自サークル「仲見研」の本の手売り
  • 3.最後に 

1.はじめに

ことの発端は、今週の頭に、偶然、Twitter批評誌『夜航』さんアカウントのツイートがRTで流れてきたことです。来週末の11月19日の日曜日の午後、「『夜航』を読みたいです。販売場所を教えて下さい」とメッセージを送ったところ、「同人誌メディアの批評的可能性」のワークショップで第2号の販売があるということで、イベントにお誘い頂きました。

 

本記事では、そのイベントの日時や内容、および個人的なお知らせを簡単にさせて頂きます。

 

 

2.ワークショップ「同人誌メディアの 批評的可能性」について

公開されているこのイベント案内によりますと、次の日時と場所で行われるようです。

連続企画 人文学と批評の使命Ⅱ

ワークショップ
同人誌メディアの批評的可能性


日時:
2017年 11月 19日(日)
午後 1時30分 - 4時30分

 

場所
神戸大学文学部
A棟1階学生ホール
神戸市灘区六甲台町1-1神戸大学六甲台第2キャンパス

 

主催 神戸大学文学部若手研究者支援プログラム
出入場自由・事前予約不要

(「ワークショップ同人誌メディアの批評的可能性」pdfファイル)

 

登壇者の方々は、以下の4人の方々です。簡単にですが出されている本をネットで調べたところ、オンライン書店をはじめ、全国書店でも買える批評誌を号をいくつも重ねて出されておられる同人の方々がいらっしゃるようです。つまり、同人誌イベントで、エッセイに近い形で、学術ニュースにツッコむコラム同人誌を出している私にとって、学術的な論に基づき、批評誌を出版・発行されている登壇者の方々は、後光がさすほどのオーラが出ている方々なのです。

  • 佐久間義貴(『ヱクリヲ』同人)
  • 立尾真士(『G-WG』同人)
  • 綿野恵太(『子午線』同人)
  • 中村徳仁(『夜航』同人)

司会は、神戸大学文学部の梶尾文武先生(国文)がなさる予定です。

 

インターネットで、このワークショップを検索したところ、登壇者の方々に加え、各批評誌や評論の関係者の方々がご来場されると思われます。職業研究者の方も多数、ご参加されると予想されますので、特に関西にお住まいだったり、学会大会や研究会などで関西に来週末お越しだったりする読者の皆さま、ご参加されてみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

主催の神戸大学文学部若手研究者支援プログラム/大学院人文学研究科若手研究者支援プログラムのサイト内ページ:

連続企画「人文学と批評の使命Ⅱ」ワークショップ「同人誌メディアの批評的可能性」|講演会・シンポジウム一覧|神戸大学大学院人文学研究科・神戸大学文学部

続きを読む
↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村