仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【Top】

f:id:nakami_midsuki:20170731213915j:plain

クアラルンプール(KL) 推定セントラル・マーケット in マレーシア (2010.8.執筆者撮影)

 

  • 【メインテーマ】
  • 【2017年2月以降の活動】
  • ◆ブログ挨拶と管理・執筆者について
  • 【お仕事のご依頼に関して】
  • 【お願い】
  • ◆8月の特集
  •  ◆メールフォーム

【メインテーマ】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

【2017年2月以降の活動】

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

◆ブログ挨拶と管理・執筆者について

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

 上記と合わせて、お読み下さい。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

*弊ブログの記事では、登場する方々について、個人の特定を防止する観点から、非常にぼかした表現をしたり、事実と一部異なる表現をしたりしているところがあります。どうか、ご理解頂けたらと思います。

 

【お仕事のご依頼に関して】

原稿の執筆、メディアへの出演等のご依頼につきましては、

 ・PCの方は、本ブログ右サイドバーのメニューの「POST」のメールフォーム、

 ・モバイルの方は、この記事を開いて一番下にある「郵便箱」のメールフォーム

 をそれぞれ、ご利用ください。

また、執筆の場合は、ご希望ありましたら、お見積もりを出します。お気軽に、申し付け下さいませ。

 

【お願い】

このブログが、読者の方に少しでもお役に立てたら、幸いです。もし、気が向いたら、管理人にリストのものを恵んでやってください。管理人が日々を生き、ブログを書く糧となります↓ 【https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/C9OBMEWLFB5I/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_.ci7xbC0VYZXH

 

◆8月の特集

naka3-3dsuki.hatenablog.com

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

 

続きを読む

オーストラリアと日本の大学状況の差に見る出世払い型の教育費支給システム~「安倍政権の「出世払い型教育国債」は低レベル大学を延命させる」(ダイアモンドオンライン)~

<本記事の内容>

  • 1.はじめに~日本のリーダーは「出世払い型教育国債」を実行?~
  • 2.オーストラリアと日本の大学状況の差と出世払い型の教育費支給システムについて(「安倍政権の「出世払い型教育国債」は低レベル大学を延命させる」、ダイアモンドオンラインより)
    •  2-1.出世払いでの教育国債という構想の「失敗」の繰り返し?
    •  2-2.オーストラリアと日本の大学状況の差
      •   2-2-1.大学数の違い
      •   2-2-2.大学の「あり方」や位置づけ等の違い
    •  2-3.こんな結果で、日本の「出世払い型教育国債」はうまくいかない?
  • 3.最後に

1.はじめに~日本のリーダーは「出世払い型教育国債」を実行?~

大学の授業料出世払いを国債を使ってまでしようと、国のリーダーが検討しているニュースについては、5月末にお伝えしました。その時は授業料出世払い制の弊害、および返済型奨学金を受けた人の返済の困難さについて、書きました:

naka3-3dsuki.hatenablog.com

合わせて、給付型、もしくは卒業後に一定期間の労働義務を果たすことで、返済の代わりとするシステムを一部、紹介しました。詳しくは、上記記事の続編もご参照ください:給付型奨学金や学生に対する経済的支援をする大学や企業・団体の取り組み~「800万円支給の大学、返済支援する企業…知っておくべき奨学金活用術」(週刊朝日)~ - 仲見満月の研究室

 

あれから、約3カ月が経つわけですが、与党や首相の間でこの「出世払い型教育国債」による教育資金政策が進んでいるニュースがありました:

diamond.jp

ニュース筆者の 岸博幸さんによると、「出世払い型教育国債」はオーストラリアの制度を参考にしようとしているけれど、だいたい、オーストラリアと日本の大学の現状では、数や学生数といった点で異なる点が多いわけで、うまくいかないですよ、ということが指摘されています。

 

今回は、岸さんの指摘を中心に、オーストラリアと日本の大学状況の差を整理して、出世払い型の教育費支給システムを日本で行うリスクについて考えてみたいと思います。

 

f:id:nakami_midsuki:20170819192737j:plain

 

続きを読む

コンピューターの入力デバイスの未来~「「若者のパソコン離れ」が示唆する恐ろしい未来」(ダイアモンドオンライン)他~

<今回の内容>

  • 1.はじめに
  • 2.「若者のPC離れ、キーボードよりフリックが速く上司嘆く」(NEWSポストセブン)を読む
  • 3.「スマホ世代ばかりの新興国で キーボード入力は時代遅れれに」 (「「若者のパソコン離れ」が示唆する恐ろしい未来」、ダイアモンドオンラインより)
  • 4.「デスク上のパソコンは邪魔物に すべての業務がスマホになる日」(「「若者のパソコン離れ」が示唆する恐ろしい未来」、ダイアモンドオンラインより)
  • 5.最後に

1.はじめに

若者のPC離れ、キーボードよりもフリック入力の方が速いタッチで打てる人が増えてきている、という話は、以前から次の記事をはじめ、複数のネットニュースで見てきました:

新連載・甲斐寿憲のキニナルモバイル:「PCを使えない学生が急増」の問題点 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

 

今回は、次の週刊誌のオンライン記事で、大学の現場で昨今のレポートや卒業論文等での課題について、どれだけ大学生のキーボード入力の離れがあるか、概要を見ていきたいと思います:

www.news-postseven.com

 

その後、実はPCのキーボード入力は日本だけでなく、アジア新興国の企業の経営者や社員でも起こっているということも、実は起こっていましたよ、ということをお伝えしたいと思います:

diamond.jp

 

f:id:nakami_midsuki:20170818114630j:plain

続きを読む

【2017.8.17_2150追記:ニュース】「東大、若手研究者300人 「任期なし教員」に転換 」(日刊工業新聞 電子版)について

f:id:nakami_midsuki:20170816140048j:plain

 

<今回のにゃいよう>

  • 1.はじめに
  • 2.「東大、若手研究者300人 「任期なし教員」に転換 」(日刊工業新聞 電子版)お内容
  • 3.最後に
  • 4.続報:「東京大学で起こった、非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕」(現代ビジネス)

1.はじめに

私自身、上のネコさんみたいに、「マジですか?」と思うニュースがありました:

www.nikkan.co.jp

続きを読む

【通販開始の告知】C92の新刊『月刊ポスドク 2017年8月号』ほか

遅くなりましたが、今年の夏コミC92の3日目、頒布されました新刊の『月刊ポスドク 2017年8月号』ほか、通販が開始されたというお知らせです。

 

f:id:nakami_midsuki:20170816160353p:plain

 

仲見満月なかみ・みづき 👻物書き修行中 ✒‏ @naka3_3dsuki 8月13日

C92お疲れさまでした。主宰者の @nanaya_sac さんより、新刊を含めた通信販売のお知らせです:

 

別のツイート情報では、「負担軽減のため通販を「イベント後の期間限定オープン」とさせて頂きます。夏コミ後の通販期間は9月中旬までを予定しております」とのことでした。通販の期間に、ご注意下さい。

 

販売商品のなかで、寄稿させて頂いた『月刊ポスドク 2017年8月号』などにつきましては、次の拙記事をご参照ください。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

当日、帰省先にいてコミケに行けなかった方、気づいたのがイベントの当日や翌日だっと方、そのほか、他の本やグッズも見てみたい!という皆さま、通信販売のページに行きましょう!

 

それでは、よろしくお願い致します。

 

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村