読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

【目次】文学に見る在外チャイニーズと中国語圏の現代史

中国 目次 レビュー

●シリーズ目次

 

★「大陸出身の在外・移民作家に見る現代中国」シリーズ

 

文化大革命後の改革開放期

 

〈女性〉

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 ユン・チアン(Jung Chang,張戒)

 

・大陸出身の在外・移民作家に見る現代中国①-2(予定):

 ルル・ワン(Lulu Wang,王露露)

 

〈男性〉

・大陸出身の在外・移民作家に見る現代中国①-3(予定):

 ダイ・シージエ(Dai Sijie,戴思傑)

 

天安門事件

 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 シャンサ(Shan Sa,山颯)

 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 イーユン・リー(Yiyun Li,李翊雲)

 

★現代の中国語圏の地域事情を書いたノンフィクション

 

〈大陸〉

・俺たちの紅い青春時代(予定):

張承志『紅衛兵の時代』

陳凱歌『私の紅衛兵時代 ある映画監督の青春』

 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

星野博美『謝謝!チャイニーズ』

 

〈香港〉

naka3-3dsuki.hatenablog.com

星野博美『転がる香港に苔は生えない』

 

 

〈始めた経緯〉

 

 フランス在住・仏語で作品を書くシャンサ(山颯)。

彼女の本を読んで以来、中国大陸出身の在外・移民作家の

存在を知り、彼らの作品を読むことで中国語圏の地域事情や

歴史を知ることができるのではないかと思いました。

 

 「大陸出身の在外・移民作家に見る現代中国①-1」の

最初でまとめたんですが、

 

文化大革命後の改革開放期

天安門事件

 

 それぞれ、言論統制が以前より、ゆるくなった時期に海外へ

留学しています。

 そのまま留学先に留まり、現地の言語を学んで現地の言葉で

作品を書き、作家活動を始めている人が多いのも特徴です。

 調べていくと、1人ずつ作家が増えていく。目次ページを

随時、更新していく予定。研究論文もあれば、参考文献として

紹介したいと思います。

 

 これに絡んで、中国語圏の地域事情を書いたノンフィクション、

読んでいくと面白そうと思いつつ、少しずつ、本を探しては

読んでいます。

 

(2010-12-26作成、2016-6-21更新)

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村