読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲見満月の研究室

元人文学系、現・文理総合学系の「真っ白」博士が大学院とその周辺問題を考える

文系大学院の博士課程に進もうと思うなら読むべき本~岡崎匡史『文系大学院生サバイバル』:その2~

レビュー 博士 文系 進学 進路 研究生活 留学

f:id:nakami_midsuki:20161204192737j:plain

 

インパクト、大きいです。本書の紙書籍版の帯です。下の記事「その1」のアイキャッチ画像が白く、地味に感じたので、その2は帯の方にしてみました。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

 

そういうわけで、今回は上のリンク記事に引き続き、岡崎匡史氏の『文系大学院生サバイバル』レビューのその2をお送り致します。

 

3.本書の内容紹介:その2

 3-1.アメリカの留学先での学習法と研究技術の磨き方(第7章)

「その1」の準備編を乗り越えて、留学先のアメリカの大学院へやって来たら、ここがまた新たなスタート地点。この7章で書かれていることは、第8・9章の論文執筆のベースにもなる、すべて大切なアドバイスになっています。なので、箇条書きで今回も列挙していきます。

  「百科事典の効用」:

 アメリカの大学院の授業で書くペーパーのトピック探し。それから、英語の学術的な書式を学ぶうえでも、現地で英語の百科事典を引いて、課題に取り組むことは重要。おすすめは、『ブリタニカ百科事典』とのこと。

  「プレゼンテーション」:

 ペーパーを書けるようになったら、今度はプレゼンテーション対策。英語にハンデのある留学生は、事前に発表原稿を作っておいて、さらに質問にも答えられるように事前準備を練っておくこと。とにかく、正確で整った英文法に従うこと。

  「書評を読む」:

大量の課題を出されるアメリカの大学院で、大量の本を読まなければならない。学術の動向を知るため、そこで書評を読んでその概要を把握しておくこと。たいていの学術雑誌には、新刊書の書評が載っているので、それに目を通しておくことが、授業でも鍵になるそうです。ちなみに、これは日本の文系ジャーナルにおいても、新刊の書評が出ているので、定期的にチェックしておき、自分の肥やしにしましょう。

  「教科書の買い方」:

「狙いは優秀な中古品」ということで、線が引いてあったり、メモがしてあったり、そういった学術書を狙って、勉強がスムーズにいくようにしよいうというもの。ちなみにこの学習は、私も院生時代にやっていました。

  「速読術」、「速読分類法」:

速読してもよい本、してはいけない本、読書会を仲間内で開いて丁寧に読んでいく専門的で古典的な名著。このように分類したうえで、情報を脳内に蓄積し、より速読できるように力を蓄えることが重要だということです。

  「統計学 アメリカ人にも頭痛の種」、「行動科学革命と社会科学」、「科学とキリスト教

とにかく、今のアメリカにおいて、統計学は諸々の学問において、重要性を増しているので、アメリカに留学する人は統計学を学べ!ということを説き、統計学を基本から学べるサイトを紹介。そして、

という意味でも、少し読んでいて勉強になりました。

 

 3-2.日本での博士論文と論文投稿の心得(第8~9章)

博士課程に入学する人たちの最大の目的である博士号を取得し、その後、研究者として身を立ていくためのベース・論文を生産していく方法と思考技術を示したのが、第8~9章です。第8章が先になっているのは、おそらく、筋の通った博士論文の構想を先に立てるため、ベースとなる技術を説いているからだと考えられます。それでは、各章の内容説明に行きましょう。

  3-2-1.第8章:博士論文作成術  

まず、「第8章 博士論文作成術」です。最初の「博士論文のための心構え」からして、要約してしまうと、一年間365日、一日一行も書けなくても机に座り続けることが重要であり、精神的な余裕を持って、周囲の人たちには合コンやゲーム等の「誘惑」を避けてもらい、村上春樹のような作家のように書き続けること。博論の締め切りまで1ヶ月半を切ったら、本書に引用されている以下の115~118ページを広げて読んでもらい、博論執筆の重要性を改めて説くとよさそうです。

政治学のリサーチ・メソッド

政治学のリサーチ・メソッド

 

 

「文献の探し方」から「新聞の探し方」までの文献探索術については、オンラインのサイト、それから見逃しがちな千代田区立図書館の新聞のオンライン検索まで、ちょっと知っているだけで役立つワザが紹介されています。以前、本ブログの記事で紹介した次の新書よりも、使える文献検索データベースが新しくなっているようです。

大学生のためのレポート・論文術 インターネット完全活用編 (講談社現代新書)

大学生のためのレポート・論文術 インターネット完全活用編 (講談社現代新書)

 

 

「万難を排して論文執筆環境を整える」については、本章冒頭と言っていることと近いので、本記事の紹介では割愛させて頂きます。

 

3-2-2.第9章:論文投稿術 

はい、 博士論文のもとになる投稿論文について、どうやったら、レフェリーの合格をもらい、査読審査に通しやすくできるのか?というお話です。「論文を投稿しよう!」の

節では、博士号を授与する審査委員の方々を納得させるために論文の査読をできるだけ通す重要性を示しています。

「論文投稿は挫折の連続」では、私も実際に受け取ったことのある査読レフェリーからのコメントが2種類ほど挙がっており、それぞれのコメントの意味すること、再投稿の際の修正方法、あるいは投稿先の変更の判断の仕方が解説されています。「Reject, Revise and Submit, Accept」の節は、投稿論文のプロセスから書き方の本、そして掲載不可や修正の判定を受けた後、再投稿してから査読に通って、実際の論文掲載までかかる時間を、大まかに書いておられます。紹介されていた本は、次のとおり。 

これから論文を書く若者のために

これから論文を書く若者のために

 

↓改訂版

これから論文を書く若者のために 究極の大改訂版

これから論文を書く若者のために 究極の大改訂版

 

 

社会科学系のための「優秀論文」作成術―プロの学術論文から卒論まで

社会科学系のための「優秀論文」作成術―プロの学術論文から卒論まで

 

 

論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順─ (教養諸学シリーズ)

論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順─ (教養諸学シリーズ)

 

 ウンベルト・エーコ『論文作法』は、私も恩師からプッシュされたことのある本でした。実際の論文の書き方よりも、イタリアの学部生の卒論や就活事情が分かり、少し謎な部分のあった本です。読んだ先行研究リストの作成方法は、実用的でした。

 

「投稿先をどう選ぶか」は、実際に投稿して結果が出た後、投稿先のジャーナルの選び方を変えていくための考え方が書かれています。が、正直、その時代ごとにジャーナルの審査員や雰囲気、査読審査に通るか通らないかは、実際に何回も投稿していかないと感覚が身に付かないところもあります。 参考程度に、読んでおいたほうがよいかと。

 

パラダイムシフトと学問の醍醐味」の節は、なかなか、起きない学問の革新について、扱った部分。余裕があったら、読んでみてください。

 

 3-3.日本の学界での生き残り方(第10章)

やってきました最終章の「第10章 学問と政治」。人間性の優れた教授の弟子になれたけれど、ここから先、研究職を得るため、人間関係の面倒くさいと言われる日本の学問世界、いわゆるアカデミアで生き残るための処世術を説いたのが、この章です。

 

全部で5節ありますが、私が特に実践的で文系博士課程を目指す人に読んでほしいのは、「学問と政治、派閥、闘争」と「派閥抗争に巻き込まれないために」の2つの節です。「学問と政治、派閥、闘争」のほうは、日本のアカデミアがいかに面倒くさい政治抗争の場所になっているかということを、イスラム学の世界的権威・井筒俊彦氏の文章

読むと書く―井筒俊彦エッセイ集

読むと書く―井筒俊彦エッセイ集

 

 ↑の575~576ページを引用して説明し、地位やお金によって教授たちが掌握されていることを著者は指摘しています。

「派閥抗争に巻き込まれないために」のほうでは、大学教授の生態ウォッチャーであった著者が、アカデミアで博士課程にいる読者が無駄な派閥抗争に巻き込まれないため、派閥に対する立ち位置の取り方を紹介。読者の生き方や生活状況に合わせて、次の3つのロールモデルを参考にしてほしいそうです。

 ①学者としてではなく、「政治家」として生存競争を謀る。

 ②敵から同情を買う。

 ③学内政治をしないで、研究者として外部の世界から評価を受ける。

私個人としては、②が無難かつ安全かと思いますが、そういう立ち位置を取るのを許されない場所もあるでしょう。そこは、入る前に見極めが大切です。

 

そして、最後の「希望ある社会へ」の節では、今日の日本社会を著者が鑑みて、大学院の抱える諸問題を解決する提言をしています。

 ①「大学の空洞化」

 ②「大学制度の全廃」

 ③「理念なき改革」

 ④「文部科学省解体」

 ⑤「奨学金の拡充」

 ⑥「博士キャリアパス拡充」

 ⑦「教養教育の復権」

 ⑧「反知性主義

この8つの提言と説明を読んだ私の感想はこちら。

@naka3_3dsuki

 水月昭道氏の『アカデミア サバイバル』とちかくて、ちょっと、残念でした…。

 今、振り返ると、『高学歴ワーキングプア』でも、同じような希望のある社会へ!ということを、水月昭道氏は書かれていたように思います。

高学歴ワーキングプア  「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

 

水月昭道氏の上の著作は、本書の参考文献にも挙がっており、これらをもとに具体策を出したという意味では、本書著者の岡崎氏によって、問題解消は一歩、進んだとも思われます。ですが、これらの提言を実現するには、資金も政治的な合意も、その前に理解を示してくれる河野太郎議員のような、政治家を増やすところから始めないと到底、不可能ではないでしょうか。平和的で地道な改革路線で行けば、⑤「奨学金の拡充」と

⑥「博士キャリアパス拡充」は実現できるかと、私は考えてはいます。

 

 

4.最後に

以上、岡崎氏の著書『文系大学院生サバイバル』をレビューしてきました。終わりの第10章まで、丸ごと博士号を取得するという、博士課程を全うするためのガイドブックでした。「おわりに」のp.222によると、本書はもともと、博士論文の改訂版を出版後、研究方面に気が抜けた状態だった著者が、「憂さ晴らし」のような気持ちを持って、書き始めたのがきっかけだったそうです。

 

憂さ晴らし!

 

人間のエネルギーって、マイナスだろうとプラスだろうと、凄まじい作品を生み出すこともあるもんだ、と一読者として感じました。憂さ晴らしで書いた本が、文系の博士課程に進もうかと思っている人向け、ひょっとしたら、その周りの人たちの読むガイドブックになるわけですから、感心してしまいました。

 

さて、今回は2回にわたって、文系大学院の博士課程に進む人向けのガイドブックをレビューしました。次は何をレビューしようか、就活に関する本?書き残している理系研究者の本?それとも、社会人の院志望者向けの本?と、いろいろと考えています。

 

<関連記事> 

naka3-3dsuki.hatenablog.com 

naka3-3dsuki.hatenablog.com

↓いいね!だったら、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村